たった3秒で親密度をUPさせる方法









音声をONに出来ない環境で動画の内容をお知りになりたい方は、以下のシナリオをお読み下さい。

どうもこんにちは。プレシア来島です。
本日はたった3秒で親密度をアップさせる方法というお話をしていきます。
お見合いで女性と会った瞬間にですね、その場で女性との親密度を上げる超簡単な方法がありますので、今回お話しさせていただこうと思います。

で以前ですね、この動画でもおそらく同じような内容を話ししたことあると思うんですが、少し今回内容を変えてお伝えしていきたいと思います。

もう既にこれを知っていて、実行されている方がいれば本当に素晴らしいなと思いますし、実は私もですね、契約の時に初めてお客さんですね、これから会員さんになるお客さんと初めて会った時も、意識してこれを言うようにしています。
意識してこれを言うことによって、親密度をアップさせる方法を狙っていますので、これですねをお見合い以外にも、仕事営業何でも使うことできますので、ぜひ今日は覚えて帰っていただきたいなと思います。

そしてですねホテルのサービスマンとか、高級エステ高級なレストランでは、すでにこの方法を取り入れて実践されています。
それぐらいに今からお伝えすることは簡単にできる非常に有効な方法だと皆さん知っているですね。

で早速ですね答えをお伝えしていきたいと思います。
正解はですね、名前を呼ぶことですね。目の前にいるお相手の名前をしっかり呼ぶことですね。
これ名前ってやっぱりその人が生まれ育った今までの間にですね、何万回も自分で言ったり書いたり呼ばれたりしているわけなんですよね。
だからそれぐらいめちゃくちゃ愛着のある名前なので、それをですね初めて会った人に呼ばれるって、いやな気はしないんですよね。
むしろですね、あ自分のことを認識してくれてるなーとか、受け入れてもらえる、このように感じますので、名前を呼ぶこと非常に大切になります。

考えていただければよくわかると思うんですが、例えばですね高級なレストランに行ったとします。
でレストラン予約するときに名前を伝えていた。でその入った瞬間ですね、あ何々様お待ちしておりましたって言われるのと、こんにちは今日予約されていた方でしょうか、このように言われるのとじゃあ、ウェルカム具合って違うと思うんですよね。

前者の方は名前呼ばれてさらにはお待ちしておりましたって言ってもらえることで、ものすごく受け入れてもらえるという感じがしますよね。
そして自分のことをちゃんと認識してくれていると感じますが、後者のほうはですね予約されていた方ですか?と、全然自分のことを認識してくれてない人という捉え方をするので、もちろん親密度上がりません。

これくらい自分の名前を呼ばれるって非常に有効ですので、もしですね今後お見合いがあったりとか、デートを控えている方を相手の女性の名前をしっかり呼んで頂いて、そして会うまでのメールだったりライン、その時もですね名前をしっかり意識して入れることによって、親密度を上げることができますので、実際に話している時もメール・ライン・電話の時も、何々さんはということできちんとお相手の名前を入れ込んで会話をすることをお勧めいたします。


関連記事

  1. A子さんと100%結婚できる!と言われたら?

  2. 婚活女性から”なし”判断されるリアルな話

  3. 初対面でモテる人、モテない人の違い

  4. 失敗しないための会話術!切り出し方

  5. 女性からモテる男のベスト体型

  6. 初デートでフラれる人、フラれない人の違いとは?

PAGE TOP