婚活女性のナゾ発言

音声をONに出来ない環境で動画の内容をお知りになりたい方は、以下のシナリオをお読み下さい。

どうもこんにちは。プレシア来島です。
本日は婚活女性の謎発言というお話をしていきます。
よく男性から頂く質問の中で、本当に女性心が分からないと。

例えばですね、男性とケンカをしたときに女性はほっといてっていう捨て台詞を残して家を出て行ったとします。
で本当にですね、女性を追いかけずにほっておくと女性って怒りますよね。

それを男性をよくわかんない、ほっといてと言われて外に出られたから、ほっておいたの
に、「なんで追いかけてくれないのよ」とか「何で連絡しないの?」とか、そのように怒り始める。
これが男性と女性で分かり合えないポイントだと思うんですよね。

女性も反対にほんとにですね、「ほっておいてほしくない」と「私今から家へ飛び出すから本当に好きなんだったら追いかけてきて」とか、「腕掴んで引き止めてよ」って思ってるんだったら、そのまま発言すればいいんですが、そういった気持ちを込めて女性はなぜかですね、もうほっかいてっていうことで勢いよく家を飛び出して、彼が追いかけてくれなかったら怒ってしまうということになります。

これはですね、男性と女性で会話をする目的だったりとか、表現方法が違うので、男性はもう女性心わかんないと、こういうふうに言われたから、こういうにやってたのに逆に怒られたとかですね、何考えてるかわかんないんですとおっしゃるんですが、今からですねなぜ女性はそんな風に遠回しな表現をしてしまうのかっていうところをお伝えしていこうと思います。

まず家の中でですね、ゴキブリが出たとします。
ゴキブリ出た時にですね、男性同士の会話どんな会話になるかというと、「ゴキブリが出たぞ」、「じゃあそこのスプレーとってくれ」「この角に来たらスプレーをシュッと吹かけるからお前はゴキブリがこっちに来るように少しおびき寄せてくれ」とかそんな会話をするのに対し、女性同士だったらですね、「きゃゴキブリ出たわ」と「ほんとだ、キャー怖い」ッとかこういった表現なんですよね。

これはね本当極端な表現方法になってしまうんですが、だいたいこんな感じですね、全然違いますよね。
男性同士と女性同士の会話内容ってこれだけ違います。

もっと具体的に違いを表してみると、そもそも男性はですね会話をすることの目的は問題解決するためのものだと感じているんですね。
会話をする目的は問題解決するためにする。
だから直接的な表現を好みます。
直接的なんですよね、例えば醤油とってほしいなと思ったら、そこの醤油とってって言いますし、どこどこに行きたいて思えば、今からどこどこに行かないということで直接的な表現をします。

ただ女性はですね、会話というものは共感してもらうためにお話をしているとか、あと話すこと自体を目的として会話をしているんですね。
だから婉曲的な表現が非常に多いって、この婉曲的な表現っていうと、めちゃくちゃ簡単に言ったらですね、物事を遠回しに表現してしまったりとか、直接的にならないように、露骨にならないように柔らかく表現してしまうんですね。
これを婉曲表現と言います。

直接的に表現する男性に対して遠回しにはお話をしてしまう女性、この2人がですね会話をしてしまうと、どうしても先ほどもですね会話のずれが生じてしまいます。
デート中に起こるですね、この大きなズレというものをですね、ひとつ例にとってお話をしてみようと思います。

よくあるのがですね、まぁ男性女性で出会ってデートをしますと。
デートしているときに、女性が不意にですね男性に向かってね「足疲れない?」という質問をします。
そうすると男性はですね、「ううん僕は大丈夫。まだまだ歩けるよ。」という返答をするんですね。
そうすると女性はがっかりしてしまうんですね。
そしてもう私のこと何にもがってくれないわっ、ていうことで気持ちが下がってしまいます。

でもこれって普通にこうやって見ると、男性は別に変な回答をしてないと思うんですよね。
足疲れない?と聞かれたから、自分はまだまだ歩ける。だから大丈夫だよ。と返答しました。
それなのに女性はがっかりしてしまいます。
さてそれはなぜでしょうか。

それはですね、先ほどお伝えしたように女性は婉曲的な表現遠回しに表現をする癖があるので、これ実は彼に対してですね、気遣って足疲れない?と言ったのではなくて、自分が足が疲れていると、ヒールを履いて長いこと歩いてだから足疲れてきたな、と。
そう思ったんだったら、「私、足疲れたからそこのカフェで休みたい。」と言ってくれればいいんですが、男性みたいに女性はですね直接的な表現好まないんですね。

無意識のうちに遠回しに伝えようとします。
だから私は足がつかれたんだ。そこのカフェで休みたい。それで「足疲れない?」と男性に聞いて、で男性から求めていた返答っていうのはですね、先ほどもお伝えしたように共感なんですよね。

「あぁ疲れた。あそこにカフェがあるから、そこで休もうよ」っていう返答があるものだと、女性は期待していました。
それなのに「うん大丈夫だよと、まだまだ歩けるよ。」という返答が来るとですね、もうガッカリしてしまうんですよね。

これ女性同士だったら全然問題ないと思います。
女性同士であれば、この友達がですね足疲れない?って友達に聞いたら、私も疲れたと思ってたのとあそこにちょうどカフェがあるから、そこで休んでこうっていう、普通の会話になるんですが、男性女性ではですね、先ほどお伝えしたように会話をする目的がそもそも違うから、こうやってかみ合わない関係になってしまう。

じゃあ女性がね、こんな回りくどい発言しなくて、直接的に言ってくれたらいいじゃんんと思いますよね。それで全て解決すると思います。
ただ本能的にですね、女性はこういった遠回しの発言ほとんどの人がされる。
そしてはその中で男性はどういうふうに回答したらいいか、汲み取ってあげたらいいかっていうと、女性はこういった回りくどい発言をする生き物なんだ、それなんだったら自分が汲み取ってあげて、ああこういう風な返答をしてほしいんだろうなっていうことを、あえて意識して返答してあげる。

そうすると女性は私のことわかってくれてるなぁと、また女友達と遊ぶみたいにですね、すごく居心地のいい関係になれるという風になるんですよね。

多くの男性がやっぱり女性に対して、いやそんな回りくどい言い方せずに言ってよ、っていう風に女性を変えようとしたりとか、女性のせいだという風に思うので、分かり合えない。

ただもし婚活でいい出会いがあって、結婚したいなって思うのであれば、まあそれ言ったところで女性って変わってくれないんですよね。
それなんだったら、自分が意識して返答を変えた方が手っ取り早いですし、他の男性はですね、こういったことをまず知らない。
だからこういった返答をしがちなので、もしですねあなたがこの動画を見て、よし実践しを思うのであれば、それだけで他の男性に比べて一歩リードすることができます。

私のことを分かってくれてるなーとか、あと女友達といる時みたいにすごく居心地がいいわ、なんかすごく相性が合うんじゃないかな、とそこまで思わせてくれますので、ぜひですね、男性と女性ではこんな風に発言の言い回しとか、表現方法が根本的に違う生き物なんだということで、分かり合いたいのであればお互いの特性を理解して受け入れてあげるこの姿勢が非常に大切なのではないかな感じます。









関連記事

  1. 婚活を複雑にする人・しない人

  2. 差をつける!3つのLINE術!

  3. たった3秒で親密度をUPさせる方法

  4. 10万円のブランドバッグより効果的なプレゼント

  5. ◯◯を制するものは婚活を制す?!

  6. ◯◯な男性がモテる理由

PAGE TOP