婚活女性の心理〜食事デート編〜









音声をONに出来ない環境で動画の内容をお知りになりたい方は、以下のシナリオをお読み下さい。

どうもこんにちは。プレシア来島です。
本日は婚活女性の心理、食事デート編というお話をしていきます。
ある一定の割合で、男性との食事デートが苦手だなぁとか、憂鬱だなぁと感じる女性がいらっしゃいます。
正直私もですね食事デートが非常に苦手なんですね。

どんな人がこの食事デートが苦手だと感じるかというとですね、小食な人そしてお腹が弱い人になります。
特にですね、夜ではなくてお昼のランチデートの時はですね、一人が食べる量が決まっているものが多いと思うんですよ。
例えば定食とかランチのコースとか、一人前この量ということで定食だとドーンと目の前に置かれますよね。

そうすると一般的に女性よりか男性の方が食べるの早いですよね。
それに加えて食の細い人っていうのは、この量自体がものすごく多いので、食べるのにめちゃくちゃ時間がかかってしまうとか、また私はお腹が弱い分類なので、一気にですね、お腹が空いててもガーッと食べてしまうと、お腹がすぐに痛くなってしまうので、結構ゆっくりですねお昼ご飯も食べなきゃいけないと、そうすると結果的に男性をすごく待たせてしまうんですよね。

それもなんか申し訳ないなぁと思いつつ、でも料理を残すのはお店の人と後は支払ってくれる男性にも申し訳ない。
だからゆっくりでもいいから残さないように食べなきゃいけないと、そんな風にして無理しようとするんですね。

まぁお腹が弱い人で食べることができる量であればいいんですが、食の細い小食な人が、もうお腹パンパンなのに、それでも無理して食べようとする。そうするとですね、それがトラウマ的になって、次同じ男性とデートするときもプレッシャーになってしまうんですよね。

前回ものすごくお腹いっぱいになった。食べる時間もかかって男性をすごく待たせてしまった。なんかものすごくプレッシャーに感じると、彼の事は嫌いじゃないけど、またあんな風になったら嫌だなどうしようっていうことでプレッシャーになってしまうと、次のデート取り付ける間もなくですね、女性が罪悪感にかられてお断りされてしまうケースもあります。

でもちろんね女性が遠慮せずに私小食だから食べれないかもしれないと、残したらごめんなさいねーと食べれないんですーとか、女性の方で言ってくれるんであればもちろんいいんですが、なかなか言わずにですね、無理しようとする女性も中にはいらっしゃいますよね。
ほとんど信頼関係が築けていない初デートでの食事っていうふうになるとですね、まぁそこまで図々しく私食べれないからっていうので言える人ってなかなかいないと思うんですよね。

だからこういった女性が無理しているなあということを察知して、そしてある一言お声をかけてあげるだけでですね、女性はそのプレッシャーから解き放たれることになります。

では男性はどんな言葉を女性にかけてあげたらいいかって言うとですね、例えば「お腹いっぱいなら無理して食べなくてもいいからね」っていうことで、途中で声をかけてあげたりとか、あとは「僕まだ入るからもし食べれなかったら言ってね」と、残したものを食べるからっていう意味ですね、まぁ女性の箸が止まった、手が止まったときにすかさずこういった声かけをしてあげるだけで、女性はですね残してもいいんだとか、私が残しても彼が食べてくれるって言ってるわーっていうことで、その声がけだけで非常に気持ちが楽になるんです。

そして気持ちが楽になった途端、おいしくごはんを食べることができたりとかしますので、女性が無理して食べてるなーって思えば、こうした声をかけていただきたいんですね。

ただ男性の中にはや目の前の女性が、少食なのかお腹が弱い人なんかなんてその時に見分けることできないよとおっしゃる方がいると思うんですね。
それはまあその通りで、事前にですね食事デートする前のリサーチが非常に大切だと感じます。
デートする前にですね、それとなく普段はよく食べるのかとか、量はどのくらい食べるのかと、お腹が弱い人がどうかってのを、それとなくですねそれまでの会話とかメールの中で聞いておけば、この女性を普段からあまり食べない人なんだなぁとか、食欲はあるのにお腹が弱い人なんだなぁとか、ある程度を情報を収集しておくとですね、いざ食事デートになった時にこういった声掛けというのを、的確にできると思います。

でなぜこの声をかけてあげた方がいいかって言うとですね、男性はまず初デートとか二回目のデートでこういった声掛けを女性にしている人って、ほぼいらっしゃらないと思います。
女性が食が細いそれに気づいて、こういった声をかけてる人ってほとんどいらっしゃらないんですね。

その中であなたが気づいてあげてですね、お腹いっぱいなんだったら無理して食べなくていいよ、と声をかけてあげるだけで、女性はですねどんな風に感じるかっていうと、この人私のことものすごく理解してくれてる。私のことを分かってくれる人だという気持ちになるんですよね。

それだけで他のライバルの男性と一気に差をつけることが可能になります。
この一言を言うか言わないかだけですね、差を簡単につけることができますので、ぜひですねつぎ食事デートをする女性がいらっしゃいましたら、事前にリサーチしておいてこういった声かけをしてあげるといいのではないかなと思います。


関連記事

  1. 初デートでフラれる人、フラれない人の違いとは?

  2. A子さんと100%結婚できる!と言われたら?

  3. 婚活女性から”なし”判断されるリアルな話

  4. 35才男性は、年収いくらあれば妥当?

  5. たった3秒で親密度をUPさせる方法

  6. え!?食事中、女性は男性の◯◯見てるの?

PAGE TOP