女性の「ストップ!」の合図見逃してませんか?

音声をONに出来ない環境で動画の内容をお知りになりたい方は、以下のシナリオをお読み下さい。

どうもこんにちは。プレシア来島です。
本日は女性のストップの合図見逃していませんか?というお話をしていきます。

いろんな方と会話をしているとですね、ああこれ以上踏み込んで質問をすると、この人との関係がこじれてしまうかもっていう境界線ってあると思うんですよ。
これ以上踏み込んで話を聞いたらいけない境界線っていうのが、必ずあると思うんですよね。

ただそれを知らない方、合図を見逃している方はですね、お見合いでそういった質問どんどん女性にしてしまう。結果女性を不快にさせてしまうので、お見合いで良い返事をもらえない。
こういった事を繰り返してですね、お見合い後女性と進展できないまま、1年2年過ごしてしまっている方がいるのではないかなと感じます。

そこでですね私が今まで婚活女性から聞いた、男性から質問されて嫌だった内容というものを今からここにいくつか書きだしてみたいと思います。
大まかに言うとですね、過去の恋愛とか女性の家族のこと、お金のことですね。
過去の恋愛というとわかりやすいと思うんですが、今まで何人と付き合ったの?とかその中で結婚を考えた人いなかったの?とか、こういった過去の恋愛の話を聞く人ですね、これ一番多いと思います。

女性が男性に聞くってよりかですね、男性が女性に質問するっていうことのほうがよく聞くと感じるんですね。
これ過去の恋愛を聞いてですね、男性にも得にならなければ、女性にも得にならないんですよね。

過去の男性の話をこれから結婚するかもしれない人に話す女性の心境って、ものすごく複雑なんですよね。
なんで過去の恋愛元彼のことを、これから恋人結婚相手になるかもしれない人に私は話してるんだろう?というふうにモヤモヤしてしまうと思います。

それにですね、過去の恋愛と言っても良い思い出もあれば嫌な思いでもあるんですよね。
それなのにズケズケとですね、初対面なのに過去の恋愛のことを聞いていく人って、本当にデリカシーないなぁと女性は感じますし、結果ですね、なんかものすごく嫌な気持ちにさせられたということで、お見合い後良いお返事をいただけなくなります。

家族のことも同様ですよね。
特にオープンな人であれば話してくれると思うんですが、例えばですね家族の中に病気の人がいたりとか障害を持っている兄弟がいたりするとですね、家族の事って初対面の人にはあまり話したくないなあと感じると思います。

それなのにそういった女性が出している合図を見過ごしてしまって、ズカズカ話を聞いてしまう。
お金のことも同様ですよね。貯金がいくらとか、今の給料いくらでボーナスいくら出たとか、そういった細かいお金の事を、初対面が聞いてしまう。

こういった人達っていうのはですね、この中で必ず女性がもうそれ以上聞くのやめてと言うことで、ストップの合図を出しているにもかかわらず、それを見逃してですね、そしてズカズカ質問をしてしまって嫌われてしまうんですね。

これ本当にお見合いの時に聞く人いるの?と思うかもしれないんですが、実際にいらっしゃいます。私も最初びっくりしました。
ただこういったお話を初対面の女性にしてしまう男性本当に多いんですね。
まぁなのであなたはですね、こういった質問をしてしまって、そして合図を見逃して嫌われることのないようにお願いしたいなと思います。

そこで今回はですね女性がその会話の中で出しているストップの合図というものを、お伝えできればなと思います。

例えばですね、過去の恋愛の話。
男性が何々さんて今まで何人の人と付き合ったことあるの?そうすると女性は戸惑いながらも一応5人ですっていうことで答えてくれます。
そうするとそのちょっと嫌そうな顔にも気付かずにですね、5人付き合ったのにその中で結婚とかって考えた彼いなかったのー?とかそういう事をまたきいちゃいます。

そうするとその女性はですね、その質問に対して答えずに何々さんはどうなんですか?ということで同じ質問、質問返ししたりですね、その質問に対してすぐ答えずにですね、うんどうですかねぇっていうことで、なかなか答えないと。答えずにはぐらかすとかそういったことが見受けられると、これはもう間違いなく女性が出しているストップの合図だなーっていうことに気づいてほしいんですね。

質問に対して答えずに、何々さんはどうなんですかとか、質問をしたけどう~んどうですかねぇっていうことで答えずに終わろうとする。これはを正しく女性がですね、もうこれ以上聞かないでと、もう勘弁してくださいっていうことで、ストップの合図を出している証拠です。

これに気付いて、またその話の話題をすり替えてですね、色んな楽しい話題に持っていける男性はこれ以上嫌らわれないと思います。
ただこれを見逃してですね、それ以上に聞いてしまうんですね。
えっわかんないってどうどういうこと?とか、考えた人いないの?結婚は?と本当にですね、ズカズカ質問をしてしまうと、こういった方はですね間違えなく女性から嫌われてしまいますし、女性はですね、そういう質問されるとどうしても嫌な気持ちになるんですよね。

過去とは言っても楽しくない辛い過去だったり、嫌な過去いやなことを言わされたこの人とまた会いたいなんて思わないと感じるわけです。
ただ男性もね、あの悪気があって聞いてるとは思えないんですよね。
女性に興味がある、女性のことをたくさん知りたいから、こういった質問をしてしまうっていう気も、非常によくわかるんですが、女性を不快にさせてしまったら婚活って終わりなので、こういった女性が出している合図っていうのを見極めていただいて、あ、まずい質問しちゃったなって思ったら、別の話題にすり変える、これが非常に得策なのではないかなと感じます。

それにですね人はいくら仲良い友達でも家族であっても、これ以上入られたくないっていう心のパーソナルスペースってあると思うんですよ。
たとえば家族であっても、自分の部屋にノックなして勝手に入られたら嫌だなぁとか、恋人同士でも勝手に携帯見られたり、自宅の引き出しをこうやって開けられる何か不快だなーとかっていうふうに感じますよね。

それと一緒で、やはり親しくても親しくなくても、これ以上入られたくないっていう人それぞれのパーソナルスペースっていうのがあると思うので、そこはきっちり見極めでですね、空気を読むことができる人っていうのは、嫌われにくいのではないかな感じます。

私もね過去にあったんですが、久しぶりに中学高校の友達から連絡がきて、どう最近元気とかっていう連絡から始まったんですが、最終的には保険の勧誘だったりとか、あとはホームパーティーに呼ばれてですね、久しぶりにあの子とゆっくり話せるなぁなんて思って行ったら、何か商品売りつけられたり、これどうっていうことで勧誘されたりですね。
相手はあなたのためよと、あなたのためにこれ買った方がいいと思うのとか、この商品ものすごくいいからあなたのために教えてあげてるのよとか言ってくれるんですが、結果その行為はですね、なかなか相手に伝わらなくって、結局自分のためじゃんって思われてしまうんですよね。

だから自分が良かれと思って相手にしていること、質問していることでも、相手にとって不快だったり非常に居づらい空間だったりしますので、そういった相手の表情とか質問に対する返答が鈍くなってきたな、なんか答えずにかわされたなーとかそういったことがあればですね、この合図だと思っていただいて間違いありませんので、あなたはぜひですねお見合いの時にこういった女性のストップの合図を見逃さないようにお気を付け頂きたいなと思います。










関連記事

  1. 時代遅れの婚活に終止符を…

  2. ◯◯な男性がモテる理由

  3. デート服がダサい男の末路

  4. 婚活でメンタルが弱くなるタイミング

  5. 婚活女性のナゾ発言

  6. たった3秒で親密度をUPさせる方法

PAGE TOP