非モテ男の共通点

音声をONに出来ない環境で動画の内容をお知りになりたい方は、以下のシナリオをお読み下さい。

どうもこんにちは。プレシア来島です。
本日はモテない男性の共通点というお話をしていきます。
まず最初にですね、基本中の基本3つをお話をしていきます。

まず一つ目はですね、自己中な男性ですね。
女性が着ている服・靴関係なく、自分の行きたいところに行くと。
基本的に自分のことしか考えていないような男性はまずモテません。

そして2つめは気配りのできない男性ですね。
例えば女性はデートの時ってヒールでこられることが多いですよね。
なのにお店の予約をしていなくって、でたくさん歩かせてしまうとか。
食事中、歩いているときですね、急に女性に一言もなしにタバコを吸い始める。
こういった男性、本当に気配りができない男性だと感じますで。

最後3つ目は女性を上から見て批判する男性ですね。
この動画でもお伝えしているんですが、例えば女性はこういう生き物ですよ、と。
だから無意識にこういった発言をしていますけど、女性はもともとこういった生き物なので理解してあげてくださいとか、そういった気持ちを汲み取ってあげてくださいね、こういったお話をするとですね、一定数、女はめんどくさいなぁとか、なんで男性が女性に合わせなきゃいけないんだ、そういったコメントが入ることがあるんですが、私はですね、この動画で男性が女性に合わせてくださいとか、そういったことを言いたいのではなくてですね、女性はこういった性質を持った生き物なので、それを理解している男性であれば配慮してあげたりとか、あとそういった気持ちを汲み取ってあげるので、結果的に誰のためになるかっていうと男性のためになるんですよね。

そういった振る舞いをする男性って少ないので、そういったことを理解して女性に接してあげる事で、女性は自分のことを理解してくれているということで好意を持ってくれるようになります。
そうすると女性からモテることになるんですよね。
だから結果的に婚活をしているのであれば、女性からモテた方がもちろんいいですよね。

だからこの動画では女性からモテる方法、そのためには女性こういう生き物なのでこういうふうに接してあげてくださいねという話をしているんですが、そういったことが伝わらずにですね、なんで男が女に合わせなきゃいけないんだ、女ってめんどくさいの一言で終わらせてしまう人は、結果的にモテない男性ということになります。

このどれか一つにでも当てはまっていればですね、モテない男性ということになるんですね。
ただ今お話ししたこの3つって、何も特別な事ではなくって当たり前のことですよね。
出来てる方ってこんなの当たり前じゃんと思ってるかもしれません。
ただ婚活で大切なのはですね、この当たり前だと思っていることをしっかり意識してやるかやらないか、この2つなんですよね。

どちらを選ぶかは自分の自由だと思います。
なのでこういったことをお伝えしてもですね、女はめんどくさいなぁとか、なんで男が女性に気配りしなきゃいけないんだ、そう思う人はですね、別にやらなくても良いと思います。

ただ婚活で成功したのであれば、これをまずクリアしないと女性からモテないので、こういう風にしましょうねという風にお伝えしているだけなんですね。

だだこういったことをお伝えすると、頭の中ではですね自分はもう出来てる完璧だ、なのに女性からモテない。このように思われる方がいるんですが、例えばですね本心の部分でこのように思っていることないでしょうか。

それは女性は子供を産むものだ。女性は結婚したら家事をするものだ。女性はつつましくしているものだ。このようにですね、無意識に思ってる男性って非常に多いと思うんですよね。

女性は子供を産むべきだか、産むものだっていうのは物理的にってよりかは、子供を産む道具だ、そういったことを本心で思っている、頭ではこういったものを理解しているし、自分はこういうふうに思ってないと思っているかもしれないんですが、じゃあいざ結婚したときに男性が家事を手伝うってというとですね、女性が主体となって、じゃあ俺が協力するよ、とか、一緒にやってあげるとか、やってあげる協力する、このようにですね、女性が本来やるべきものを、協力してあげるとかそういったスタンスになるんですよね。

なので本心ではですね、このように思っている男性ってまだまだ多いと思いますが、ただですね、もしこんなふうに思っているんだったら、今すぐこういった考えって捨てたほうがいいんですよね。

逆に女性が男性のことをこう思っていたらどう思いますでしょうか。
例えば男は金を稼いでなんぼだとか、男は自分の生活を豊かにするためのATMに過ぎない、男は男らしくご馳走してですね、デートプランもしっかり考え、スマートにエスコートしろよとか、女性がこのように思っていたらどう感じますでしょうか。

なんか感じ悪いなぁとか、腹たつなって思いますよね。それはお互い様なんですよね。
そして本心でこういうふうに思っているっていう事は、こう思っている態度ないし、言葉の端々がですね、必ず相手に伝わっているというふうに思っていただきたいんですね。

例えば女性が男性とデート行きました
その時に男性がお会計しているときに、女性が財布すら出さなかった。
そうするとその女性どう思っているかと言うとですね、男は女にご飯をご馳走して当たり前だ、このように思っていることがですね、男性に伝わるんですね。
そうすると男性って、いくらお金持っていようが、何かこの女性嫌だなって思いますよね。
そうするとその女性って男性から結果的にフラれる形になります。

このようにですね、本心でこういったことを思っているということは、必ず相手にですね、あなたの表情・言葉・行動でですね、相手に伝わっているというふうに思っていただきたい
です。
表面上取り繕っていてもですね、本心の部分ってふとしたときに自分の言葉として、相手に言ってしまうケースありますので、根本的にこういった考えを変える、これが一番手っ取り早くモテる方法だと感じます。

婚活男性の中にもいるんですが、例えば50代の男性初婚で自分の子供はいない、そうした時って多くの男性がですね、若い女性と結婚して自分の子供を産んでほしいと思いますよね。
だから無謀なチャレンジをします。
どういうことかというと50代の男性が、20代の女性にお見合いの申し込みをするんですね。
この時点で女性、申し込まれた女性はどう感じるかというと、女は子供を産むものだとこの男の人思ってるんだろうなっていうのが伝わるんですね。
必ず伝わります。

もちろんめちゃくちゃイケメンだったり、高年収だったりとか、会社の経営で何千万何億っていう年収があれば話は別なんですが、本当に平均的な50代の男性が20代女性に申し込むと
ですね、女性はシンプルに気持ち悪いと思うんですね。この人きもって思います。
だから結果的にその20代の女性から良い返事てもらえるわけがないんですよね。

なぜなら50代の男性が20代女性に申し込んだ時点で、女は子供を産むものだというふうに女性に伝わっているから、だから結果的にモテません。
反対に30代の女性が20代の爽やかな男性イケメンに申し込んだとします。
そうすると客観的に見るとですね、どう思いますでしょうか。
おそらくですね、おいおいと自分のレベルはわかって申し込んでるのかと、そんなおばさんがね、イケメンの男性OKしてもらえるわけないじゃん、っていうふうに客観的に見たら思うわけですよ。
この女性おこがましいな、図々しいなというふうに感じるんですよね。

だからまぁ結果的にその申し込むだけで、申し込むだけでこの人こんな考えてるんだろうなっていうのが伝わるので、結果的に異性からモテないということになってしまいます。
なので婚活をしてモテたいと思うのであれば、根本的な考え方ですね、自分が上に立って女性を下に見てですね見下したりとか、女性ってこういう生き物だ、子供を産むべきだ、女は家事をしてナンボだろうとか、それが仕事だろ、そんな風にですね、心の中無意識であってもそう思ってるっていう事は、女性に伝わってしまうことがありますので、この考え方をまず変えていただいて、そして女性とお見合いなりデートをしていただけるといいのではないかなと思います。









関連記事

  1. 初デートでフラれる人、フラれない人の違いとは?

  2. 婚活女性から”なし”判断されるリアルな話

  3. 婚活女性の心理〜食事デート編〜

  4. モテる男性の言葉は共通している!

  5. 婚活でメンタルが弱くなるタイミング

  6. 10万円のブランドバッグより効果的なプレゼント

PAGE TOP