告白をする時間帯、伝え方のポイント









音声をONに出来ない環境で動画の内容をお知りになりたい方は、以下のシナリオをお読み下さい。

どうもこんにちは。プレシア来島です。
本日は告白をする時間帯伝え方のポイントというお話をしていきます。

結婚相談所では通常ですね、女性と5~6回デートできれば、男性から最終的にはですね、結婚前提にお付き合いしてくださいということで、真剣交際の申し入れをします。
で女性から晴れて受けいただければ、真剣交際に突入して、その後結婚のお話をしてまとまれば成婚退会ということになるんですね。

ただ告白をする時間帯だったりとか、タイミング、伝え方、これを間違えてしまうとですね、女性といい雰囲気だった、女性からOKいただけそうだなと思ってたのに、最終的に女性から断られてしまったという事態にもなりかねませんので、もしあなたが今後女性に告白する
ケースがあればですね、今からお伝えする告白の基本中の基本を押さえて頂きたいなと思います。

まずは告白する時間帯ですね、これからお伝えしていこうと思います。
告白する時間帯はですね、夕方から夜にかけてがベストだと言われています。
で、これなぜかというとですね、夕暮れ時は人の体内時計のリズムが一番不安定になる時間帯なんですね。
まぁそのためですね、人の思考力・判断力・活動能力が全般的に低下すると言われています。

これをですね、黄昏効果と呼ぶんですね。
つまり夕暮時はですねお相手女性の本音を聞き出しやすかったり、告白OKもらうにはベストな時間帯だといえます。
なので告白する時間帯は夕方から夜にかけて、この黄昏効果を利用すると非常にいいので、朝昼ではなくて夕方から夜にかけての時間帯がベストとなります。

で二つ目はですね、告白をするタイミングですね。
先ほど告白する時間帯を夕方から夜にかけてというふうにお伝えしたんですが、例えば夕方に待ち合わせてですね、待ち合わせ場所でいきなり告白してはいけないんですね。
待ち合わせ場所ですぐに告白するのではなくって、待ち合わせをしてその後2人で楽しい時間を共有した後、中盤でですねここで告白することが一番いいタイミングだと言われています。

デートの終盤で告白することによって、強く印象づけるとともに好感を持たれやすいですね。
待ち合わせ場所で出会ってすぐ告白ではなくって、待ち合わせ場所でその後移動して、お店で楽しくご飯を食べて、いろんな話をしてすごく楽しかった。2人で楽しい時間を共有した後に告白する。そうすると女性からOKをもらえやすい流れということになります。

最後3番目、伝え方はの基本中の基本ですね。直接伝えるようにしましょう。
電話・LINE・メールはNGです。
直接会って気持ちを伝えるようにしましょう。
ただ伝え方として失敗する例はですね、例えば会った瞬間君に一目惚れをしただとか、君の顔が好きだとか、すごく見た目がタイプなんだとか、表面上でしか分からない事。顔がタイプ、目が綺麗だから好きと、髪の毛がサラサラだから好きとかですね、そういった単純な理由で告白をするのではなくって、長い時間一緒にいてあなたの優しいところ気配りできるとか、そういったところに魅力を感じました。是非お付き合いをしてくださいとかですね、表面ではなくて中身の部分、何回もデートをしなきゃ見えてこなかった相手のいいところ。そこに魅力を感じた。だから結婚前提に付き合ってほしい。これが一番大切な伝え方ということになります。

男性で失敗してしまうケースとして、先ほどの見た目ですよね。
見た目がタイプだとか、若くて美人だから結婚して子どもを産んでも大丈夫そうだと思ったとかですね、まあそういったですね、本当だとしてもそういったことを言われると女って引いてしまうんですよね。
それは私はなくてもいいじゃんって思ってしまいます。
だからそういった告白の仕方はNGなので、5回6回デートしなきゃ分からなかった女性の魅力を伝えて結婚前提にと、真剣交際の申し入れをすることが大切になります。

またですね、これたまにあるんですが、なんでそんなことになるのかなと思うんですが、男性は女性に対して真剣交際の申し入れをしたんだけど返事をもらえなかったって私に言ってくるんですね。
私が相手の女性のカウンセラーさんに、うちの会員がこういう風に言ってるんですけど女性の返事ってどうなんですかと伝えました。
そうするとですね、女性は男性から真剣交際の申入れなんてしてもらわなかったって言ってますよと。

なぜそこで話が食い違うあるのか私も理解できないんですが、きっと男性はですね、そういったニュアンス的なものを言ったから、女性に伝わったっていうふうに思ってるんですが、女性はですねそういうつもりで聞いてないから、あーそうなんだっていうことで話を流してしまっているケース、おおいにあるんですよね。

だからも伝え方、最終的にどストレートに伝えることが大切になります。
結婚前提に付き合ってほしい。これを最後締めくくりで言わないと、女性はですね、それが告白なのか、ただのおしゃべりなのかなんなのかわからない。だから返事しないままお別れしてしまって、お互いなんだったのかなっていうふうになると。
そうすると先に進む事ってちょっと難しくなってしまうので、決めるときにはビシッとですね、男性が結婚前提に付き合ってほしい、だから真剣交際一緒に入ろう。ここまで言うと、伝わらないことありませんので、女性はきちんと誠意をもって返事をしてくれると思います。
これからね女性に告白する、真剣交際の申し入れをする時、そういった時はこの1、2、3の基本ルールをしっかり押さえて告白をしていただきたいなと思います。


関連記事

  1. え!?食事中、女性は男性の◯◯見てるの?

  2. たった3秒で親密度をUPさせる方法

  3. 婚活女性の心理〜食事デート編〜

  4. 失敗しないための会話術!切り出し方

  5. A子さんと100%結婚できる!と言われたら?

  6. ◯◯を制するものは婚活を制す?!

PAGE TOP