結婚したいのに結婚できない人(女性)の3つの特徴









(文:結婚相談所の初心者ガイド編集部 / 監修:コラムニスト・ひかり)

結婚したいという気持ちはあるのに、なかなか結婚できない人は意外と多くいます。
実は、結婚したいのに結婚できない女性には「結婚を遠ざけてしまう3つの要因」があります。
それは何でしょう?

結婚できない人は「スキを見せない」

現代はしっかりとした女性が多いもの。
それはステキなことですが、意中の相手に対してもスキを見せられないのは、考えものです。

特にキャリアウーマンの女性は、弱々しい女性に見られないようにと、必要以上に力んでしまうこともあります。
「強い人」「スキがない人」は、近づきがたい雰囲気を漂わせてしまいます。
だから、出会いのチャンスがつかみづらくなってしまうのです。
もちろん「スキがある人が結婚できて、スキがない人は結婚できない」なんて、単純な話ではありません。

むしろスキだらけの女性は、相手に「軽い女性」だと誤解され、「この人と結婚しても、浮気されないだろうか?」という不安を感じさせてしまうため、結婚の対象から外されてしまうこともあります。
つまり、すべての人にスキを見せないようにすることも、逆にスキを見せすぎてしまうこともいいことではなく、「心を許した人にだけにスキを見せる」ようにした方がいいのです。

「スキを見せる」というのは、ある意味、「相手に心を許している」ことにつながります。それは、相手にとってもうれしいことです。だから、仲良くなりたい人の前では、スキを見せられる人でありたいものですよね。

「この人にならスキをみ見せてもいいかな」と思ったときは、思い切って素のままの自分で飛び込んでみましょうね。

結婚できない人は「自分のライフスタイルに強いこだわりがある」

結婚によって今の自分の生活を乱される可能性が出てくると、結婚できる相手が出てきても、関係を壊してしまう人がいます。

結婚すると、あらゆることにパートナーが関係してきます。マイペースでいたい人や、自分のライフスタイルを変えたくない人にとっては、イライラすることも増えるでしょう。

ただ、ハッキリ言ってしまうと、そういう人は、結婚に向いていません。結婚は、パートナーとの“共同生活”だからです。
だから、「本当に自分にとって結婚が必要なものなのか、結婚によって幸せになれるのか」を考え直してみることも大切です。

「結婚したい」と言っている人の中には、実は体裁を考えて「結婚したほうがいいんだろうな」という思いがあるだけで、本心では結婚を望んでいない人も少なからずいます。そういう人は、独身でいた方が幸せかもしれませんよ?

結婚はしなければいけないことではありません。幸せに生きるためにも、自分の気持ちに正直になることいることは大切ですよ。

結婚できない人は「“子離れできていない親”にひっぱられる」

親を大事に思うがゆえに、 結婚することで「家族にどういう影響が及ぶのか」「自分が結婚して家を出ても、親は大丈夫なのだろうか」と色々と心配になってしまう人がいます。

特に親が子離れできてなくて、依存している場合は、結婚のチャンスがあっても後ろ髪を引かれてしまうこともあるでしょう。でも、子どもが新しく家族を作り、幸せな生活を送ることを大概の親は喜ぶものです。
女性にとって「結婚」は、「家を出る」という感覚があり、寂しさを感じることもありますが、現代では、むしろ家族が増え、「つながる人間が増える」というくらいの感覚でいてもいいでしょう。

親、兄弟のことを大切にすることはステキなことです。でも、自己犠牲の精神で、家族のことを考えすぎてしまい、結婚のチャンスを壊してしまうと、いつか「私が結婚できなかったのは、親(兄弟)のせいだ」と、他の人のせいにし、恨みを抱きかねません。それでは、誰も幸せにはなれません。

まずは自分が幸せになりましょう。その上で、どうしたら親や兄弟のことも幸せにできるのかを考えましょう。そもそも自分が幸せでない人が、人のことなど幸せにはできませんよ?

結婚したいのにできないのには、さまざまな理由があります。今回紹介した3つのどれかに当てはまるという、結婚願望のある女性は、気を付けましょうね。

監修者(コラムニスト・ひかり)のコメント

今回紹介されている「スキを見せない」「ライフスタイルに強いこだわりがある」「“子離れできていない親”にひっぱられる」の3つは、単に結婚できる、できないだけの話ではなく、結婚後、幸せな生活を送るためにもできていた方がいいことです。

結婚はゴールではなく、スタートなので、今回紹介したことが当てはまる人は、幸せな結婚をするためにも、好きな人のことはもっと信じて、スキを見せるようにして、ライフスタイルは相手と折り合いを付けられる柔軟性を持ち、親を大切にしつつも、自分の幸せはきちんとつかめる人でありたいものですね。

監修者(コラムニスト・ひかり)プロフィール


関連記事

  1. 結婚相談業とは

  2. 仲人について

  3. 結婚相談所を利用する人とは

  4. 結婚相談所を利用するメリットとデメリット

  5. 結婚相談所を利用する男女の違い

  6. 結婚をすることの利点

PAGE TOP