サムシングブルー・サムシングフォーの慣習は必要か









サムシングブルー・サムシングフォーといった結婚式でよく行われる慣習があるのをあなたはご存知でしょうか。

サムシングブルー・サムシングフォーの慣習は必要か

サムシングブルーというのはサムシングフォーと呼ばれる、結婚式でのアメリカでよく行われている慣習の中の一つで、何か一つ青い物を身に付けるという形で行われます。目立たない場所に身に付けるのが一般的となっています。このサムシングブルーに関して、行ったほうが良いのか不安になられる方もいらっしゃるかと思いますが、一体実際のブライダル事情としてはどうなのでしょうか。

実際の所、このサムシングブルーやサムシングフォーというのは欧米の慣習であって、日本においては演技担ぎとしては必須ではありません。そもそも、ウェディングドレスを着て行う披露宴というのは、あくまで戦後十数年経過してからようやく日本でも定着したほど、まだまだ歴史が短いです。信仰に関してあまり強い執着を持たない方が多い日本においても、まだまだウェディングドレスを着ない、和装の結婚式を行う場合もあります。
ですから、

  • まだ日本ではサムシングブルーに関して強い慣習というのは必要では無いでしょう。
  • サムシングフォーの残りの慣習は

    サムシングブルーについては今説明しましたが、残りのサムシングフォーについても解説しましょう。サムシングオールドというのは何か古い物という慣習で、母親や祖父などの所有するアクセサリーを身に付けるという形で行われます。

    次にサムシングニューですが、これは何か新しい物という事で、新しく用意した物を身に付けるといった慣習です。具体的には、ハンカチーフや化粧用品として用いられることが多いです。

    最後のサムシングフォーは、サムシングボローゥと呼ばれる観衆です。これは日本語に訳すと何か借り物という事で、既に幸せな夫婦などから、その幸運を分けてもらうという習慣です。具体的には、ハンカチや手袋、ベールなどを借りる事が多いです。


関連記事

  1. 結婚相談所にはクーリングオフの制度はあるのでしょうか?

  2. 結婚相談所は何歳から利用することが出来ますか?平均年齢は?

  3. 交際中にトラブルになった場合は、相談所側で対処していただけますか?

  4. まだ真剣に結婚を意識してないのですが、それでも入会は可能ですか?

  5. 結婚が成立したら必要な成婚料について

  6. 報告・連絡・相談は常識

PAGE TOP