ウェディングノートに理想を書き出すと結婚に近くなる?

ウェディングノートというものを知っていますか?
その名の通り、ウェディングに関するノートのことで、準備期間からウェディングまで何をどうしたのかという思い出を書き連ねるノートのことです。
実際このウェディングノートを作ったら、結婚が近くなると言われています。

ウェディングノートの作り方

結婚を決めた時からウェディングノートを作りましょう。
結婚式の準備だったり、挙式を通じて感じた2人の思いなどを記念に書いておきます。
写真を貼り付ける人も多く、記録すると一生の思い出になります。
インターネットやサイト、ブログなどでつづることも多いです。
手元に残るものとしてノートで書きたい場合は、しっかりした厚手のノートが人気です。

またウェディングノートというものが販売されていますから、それを活用しても良いでしょう。
パソコンで作る場合はエクセルが便利だと言われています。

添付書類もそのままスキャンしたり、プリントアウトして決定したことを式場に渡すことも可能です。
ウェディングノートを作った経験のある女性は、やはり思い出に残って良かったと言っていますし、このような準備期間のノートはあったほうが後々価値が出るでしょう。

活用方法のポイント

インデックスをつけることは重要です。
目的別に並べるほうがミスを防ぐことが可能となっています。

またルーズリーフは便利です。
結婚後の付き合い方に対しても、その人となりの人物像が現れてきますから再び使うことができて便利です。
ウェディングノートを必ず作らなければならないかと言えば、そういうわけでもありません。

  • ウェディングノートを作ったからといって、成婚率が高まるわけでもありませんが、結婚に対してシビアな姿勢で臨むことができますから、真剣に交際を考えている相手とはウェディングノートを作ったほうが良いでしょう。

  • また結婚したいという意識がしっかりあるうちにウェディングノートを作れば、その意識が途切れることなく婚活を続けることができます。

    婚活は長い戦いのようなものです。
    運命の相手と巡り合う、もしくは一生涯のパートナーを見つけるにはそれくらいの困難が待っています。時間もかかりますし手間もかかります。

    • しかしウェディングノートを作ったら、絶対結婚しよう!という意識を持つことができますから、結婚に少しでも近づくことができるでしょう。









関連記事

  1. 理想の相手のオンライン検索の探し方・注目ポイント

  2. 体験入会が出来る結婚相談所はありますか?

  3. 結婚における男女の価値観をどうやって合わせていくのが良いのか?

  4. 中卒でも結婚相談所に入会できますか?

  5. 晩婚化と結婚相談所のニーズの関係

  6. 年々増加している生涯未婚率について

PAGE TOP