強い味方のウェディングプランナーに何でも相談しよう









あなたはウェディングパーティをスムーズかつ円満に進めるためのウェディングプランナーという存在を知っていますか?
ウェディングプランナーは結婚素人の私たちにとって大変力強い味方となってくれます。
何か悩みや不安を抱えているのであれば、ウェディングプランナーに一度相談してみましょう。

どんな仕事をしているのか?

  • ウェディングプランナーは主役である新郎新婦を挙式当日最高に輝かせるために挙式や披露宴を素晴らしいものにつくりあげる仕事内容となっています。

    挙式の日時や予算、ドレス選びや招待状の手配などもウェディングプランナーの仕事となります。

    新郎新婦の要望も色々あるでしょうから、それらに柔軟に対応していく態度も必要となってきます。
    週1くらいの頻度で打ち合わせを行っていき、ブーケや花などのランクを決めたり、リハーサルを行ったりします。
    万全な状態で新郎新婦を迎え、挙式当日には最高に主役を引き立てるよう、努めるのがウェディングプランナーとなっています。
    式場によってはブライダルコーディネーターやプロデューサーなどと呼ばれます。

    事前準備をしていきます

    新郎新婦には色々と決めることがありますから、それをスムーズに決定していくのもウェディングプランナーの仕事となります。

    引き出物や当日ウェディングのブーケはどのようなブーケにするか、花はどのような花にするのか、BGMは持ち込みするのか、式場が用意するのか、持ち込みなら何日前までに持ってくる、ウェルカムボードはどうする、料理のランクを決めたり、ヘアメイクを決めて、前撮りを行う日時を決めるのもウェディングプランナーの仕事となります。

    また色々な要望にも応えることができますから、オプションサービスとしてあるものを全てにおいて柔軟に対応していきます。
    バルーンを飛ばしたり、花火を上げたり、キャンドルサービスの代わりにできるものがあるならそれを代わりに行ったりします。

    • ウェディングプランナーの仕事は新郎新婦を最高に輝かせ、幸せにする力強い味方なのです。


関連記事

  1. 結婚式場の予約から結婚までの期間は?

  2. 担当アドバイザーには些細な事も報告が必要?

  3. お見合いの時には立ち会っていただけるのでしょうか?

  4. 恋愛経験を活かして婚活するときの注意点

  5. 相談所における独身証明書っていったい何?

  6. 婚期を先延ばしにする「先延ばし男」が増えている?

PAGE TOP