平均的な交際期間はどのくらい?









婚活ブームに背中を押され、結婚相談所で婚活をする人は年々増加しています。
他の婚活サービスに比べて成婚率は格段に高い結婚相談所ですが、入会し活動するのは高い費用が必要となりますので、できるだけ効率よく理想のお相手を見つけて成婚に結び付けたいものです。
結婚相談所では一般的な恋愛とは違った結婚までのプロセスがあります。

では、結婚相談所において交際を開始して成婚に至るまで、平均でどの程度の期間が掛かるでしょうか。
こちらでは結婚相談所での交際の意味や期間、それに早期に成婚するためのコツなどについて詳しく解説したいと思います。

結婚相談所での交際

日常の中で出会った男女であれば、お付き合いを始めて交際を続けて行く中で、相手を理解して愛情を深めて行くのが一般的です。
そして一生一緒に居たいと思うようになった時に、結婚を意識する事になるでしょう。
一方、結婚相談所で出会った男女の場合は、少々事情が異なります。
結婚相談所に入会しているという事は、まず最初に大前提として結婚したいという思いがあります。

そしてその結婚に向けてお相手を探し、交際の中で一生共に過ごせるかどうかの相性を見極める事になります。
結婚相談所というのは、恋愛を楽しむ場所ではなく、あくまでも結婚相手を見つけるところです。
極端に言えば、恋愛は結婚してから楽しむくらいの気持ちが必要かもしれません。

仮交際と本交際

結婚相談所で出会った男女の交際には、様々なルールが設けられています。
最も代表的と言えるのが、仮交際と本交際です。
結婚相談所で自分が希望する条件のお相手が見つかれば、まずはお見合いを申し込む事になります。
そしてお相手も希望すればお見合いが行われ、お互いが同意すれば仮交際がスタートする事となります。
この結婚相談所での「仮交際」とは、一般的な交際とは全く違う意味合いを持ちます。
仮交際は連絡先を交換して、二人で会う事ができる関係ですが、正式な恋人同士ではありません。
ですから仮交際の期間は、他の異性とのお見合いやデートも可能であり、複数人と同時に仮交際するのも認められています。
この仮交際の期間中にお相手と会う機会をなるべく多く設け、結婚相手としてふさわしいかどうか見極めることが大切です。
仮交際を経て、お互いが真剣に結婚に向けて交際したいと思うようになれば、そこで本交際に進む事となります。
本交際に入れば一人のお相手とだけ真剣に交際します。
そしてプロポーズされて結婚が決まれば、晴れて成婚となり二人とも結婚相談所を成婚退会する事になります。

交際期間は相手を知る期間

一般的な恋愛との違いは、交際期間の過ごし方にも現れています。
一般的な恋愛の場合は、交際期間中は恋愛を楽しみながら、2年から3年くらいの年月をかけ、愛を深めて結婚に辿り着きます。
一方、結婚相談所での交際は、相手が一生共に過ごせる相手かどうか見極めるために、相手の事をよく知る期間と言ってよいでしょう。
のんびりと恋愛を楽しんでいる時間ではないのです。
ほとんどの結婚相談所では、入会から1年以内の成婚を目指して婚活の計画を立てます。
出会いから成婚までの期間も、半年以内が目安になります。
結婚相談所では本交際や結婚の申し込みは、男性側から行うのがマナーになりますので、男性は決断力も必要となってきます。

結婚相談所での交際期間

結婚相談所の大手3社が発表している成婚までの期間は次の通りです。

  • IBJメンバーズ : 成婚までの平均活動期間10.2カ月
  • パートナーエージェント : 成婚退会したカップルの65.5%が活動開始から1年以内に成婚
  • 楽天オーネット : 出会いから成婚退会するまでの平均交際期間は8.5カ月

お見合いから成婚までの交際期間

ほとんどの結婚相談所では、お見合いで出会った男女が成婚に至るまでの期間は、3ヶ月から6ヵ月を目安としています。
大手の連盟であるIBJ結婚相談所連盟においては、交際期間は3か月間とハッキリと定めています。
一般的な恋愛から結婚に至るケースに比べれば、非常に短いと感じるかもしれませんが、そもそも結婚相談所で婚活している男女は、結婚したいという気持ちで活動しているわけですし、出会う前に自分の希望条件を伝え、それに合うお相手と出会っているのですから、あとはその相手と一生を共に過ごせるかどうかを見極めるだけなのです。
ですから交際期間の3ヵ月を大切に使う事が重要です。
できるだけ相手と過ごす時間を多く取って、相手の事をよく知る努力をする必要があります。
結婚相談所には、婚活のプロであるスタッフがいて、親身になってサポートしてくれます。
アドバイスを聞き入れ、積極的に婚活すれば短期間の成婚が可能となるのです。

遅くても1年以内の成婚を目指す

多くの結婚相談所では、契約期間は1年としています。
ですから1年以上結婚相談所に在籍し続けている人は少ないという事です。
あまりに長く在籍しているような人は、こんなに長く居ても成婚できないという事は何か問題があるのではないかと思われてしまう可能性もあるでしょう。
どうしても成婚できない時は、そこの結婚相談所は退会し違う結婚相談所に入会するか、他の婚活サービスを利用する事を考えた方がいいかもしれません。
結婚相談所に入会したら、遅くても1年以内の成婚を目指して、積極的に活動する事をお勧めします。

まとめ

ここまでご説明した通り、結婚相談所での交際期間は、一般的な恋愛の交際期間とは内容的にも期間的にも大きく異なります。
交際をスタートさせたら、できるだけ相手との時間を多く作りましょう。
相手との相性や価値観のなどを見極めるのには、デートを重ねるのが一番です。
仮交際の期間中は、複数人の異性と会うことが認められていますので、この期間を有効に使うようにすれば、自分の理想のお相手と出会える可能性も高くなるでしょう。
忘れてはいけないのは「絶対に結婚したい」という強い気持ちです。
時には相手からお断りされるなどというケースもあるでしょうが、それはご縁がなかっただけとスッパリ割り切って、再び積極的な活動を続けるようにしましょう。
結婚したいという気持ちを持ち続け、積極的に婚活していれば、早期に成婚に至る確率はとても高いものとなります。


関連記事

  1. 結婚相手に求める条件とは?

  2. 婚期を先延ばしにする「先延ばし男」が増えている?

  3. 地元の結婚相談所の方がいい?

  4. 結婚相談所の卒業証明書は必要?偽造したらどうなる?

  5. 入会前の面談ってどういう内容なの?

  6. お見合いのお返事は、直接相手に連絡をして伝えるのでしょうか?

PAGE TOP