結婚に有利な職業・不利な職業について









結婚を考えている人にとって相手の職業は気になるところですが、結婚するのに有利な職業と不利な職業はあるのでしょうか。男女別に結婚したいと思う相手の職業を見てみると、男性と女性で大きな違いがあることが分かります。

女性が思う男性の理想の職業

  • 女性が結婚したいと思う男性の職業で圧倒的にトップに立つのは公務員です。確かに国家公務員、地方公務員と種類がありますし、役所で働く人だけではなく警察官や自衛隊員、教師なども公務員に含まれますので幅は広く、出会いも広がりそうです。
  • 同じく人気がある職業に高年収の医師があるのですが、医師は病院がメインですからあまり出会いがない、出会いの幅が狭まるということもあり公務員より落ちるようです。しかし年収の高さに惹かれる女性は少なからずいますし、相手が将来有望な医師であれば院長夫人や安定したハイレベルな生活を送ることができるのでは、という理想を掲げます。

    同じく人気の高い安定した収入を得られる職業として弁護士とパイロットがあります。弁護士は昔から高給取りというイメージが強いのですが、現在は新人弁護士の年収はサラリーマンと変わらないため、実績を重ねた実力のある弁護士との出会いを望む人が多いようです。パイロットも年収が高いということで魅力を感じる人が多いようです。

    また海外勤務も視野に入れた商社系の会社に勤めるサラリーマンにも人気があります。
    一方で男性は女性の理想の職業として優しいと言うイメージが強い看護師や保育士を挙げています。資格職なので結婚して共働きになっても安定した生活を送られるというイメージが強いようです。

    結婚に不利な職業とは

    女性が結婚を控えたいと思う男性の職業は何かと言うと、フリーターや無職、アルバイトと収入の安定しない職業です。女性が男性に求める職業の特徴は収入が安定していることですから、いつ辞めるか分からない、1日でも休むと収入が減ってしまう職業の相手は敬遠する傾向にあるようです。

    他にも同性が多い職場に勤めている人、たとえば女性ならアパレル系、スーパー、ツアーコンダクター、看護師、化粧品系です。それから休みが不規則になりがちな職業、ブラック企業と言われる職場に勤めている方も結婚に不利な職業と言われています。


関連記事

  1. 気になる相手に上手なアプローチをする方法

  2. 結婚相談所のサービスとは、そもそもどういった内容ですか?

  3. 結婚相談所に申し込みを決めたら事前に行っておきたい事

  4. 本交際と仮交際の違いは?

  5. まだ真剣に結婚を意識してないのですが、それでも入会は可能ですか?

  6. 上手に相手の結婚観を聞きだす方法について

PAGE TOP