データを合わせてみるマッチングの利用法









データマッチングとはお互いのプロフィールや希望などをすり合わせ、相性の良さそうなパートナーを選ぶシステムの事です。お互い会って話す時間がない方や、相手を絞る事が難しい場合は便利なサービスです。

データマッチングの有効性

結婚相談所のタイプとしてデータマッチング型のものがあります。データマッチング型は担当アドバイザーが紹介をするのではなく、結婚相談所内に登録されたデータの中から条件の合った人を選ぶものです。情報量が多いほど適正のある人が多くいますので、会員登録数が多い結婚相談所では相手も見つけやすいです。

またこのタイプの結婚相談所は結婚が決まった際の成婚料が発生しない場合も多く、コストパフォーマンスが良いのも特徴です。中止としてこのデータマッチング型の結婚相談所は毎月の紹介人数が決まっています。

毎月10人としている会社もありますし、より多くの相手を紹介してくれる会社もありますので、多くの人を見たい場合は紹介数が多い方が良いでしょう。じっくり探したい場合はその点を気にしなくてもかまいませんし、結婚相談所の性質を確認して登録は行いましょう。

データマッチング型は双方の希望が成立している人を紹介しますので、結婚にも繋がりやすいです。
また実際に年収など直接では聞きにくい話もデータ上で確認できますので、良い相手を見つけやすいサービスとなっています。

データマッチング型の結婚相談所の成婚率

データマッチング型の結婚相談所の成婚率は会社によって異なりますが21%ほどという会社もありました。逆にデート場所などまで細かい相談にまで乗ってくれる仲人型と言われるサービスもあり、こちらは1年以内に5割が結婚すると言われています。

成婚率は結婚に関してどの程度本気で向き合っているか、早く結婚したいか否かで別れます。相手をすぐ見つける人もいますし、拘りがすぎて中々選べない人もいるでしょう。

成婚率が高いから相手を見つけやすいのではなく、どのタイプの結婚相談所が自分に合っているかが相談所選びのポイントとなります。

  • 相手の紹介のみをして欲しい、そういった場合は割安なデータマッチング型の結婚相談所が良いでしょう。本人が結婚出来るかどうかはその人次第ですので、たくさんの人と関わって経験を積みたい場合は毎月多くの人を紹介してくれる会社を選ぶと良いです。

関連記事

  1. 結婚相談所に提出する必要書類について

  2. 入会を断られることもあるのでしょうか?

  3. 結婚相談でいう「成婚」とは、どのような段階を意味しているのでしょうか?…

  4. 費用についてはどうなっていますか?

  5. 再婚でも入会することは出来ますか?

  6. 結婚相談所のオプションには何があるか?

PAGE TOP