結婚相談所における法人会員っていったい何?









結婚相談所では個人会員の他に法人会員という分類もあります。これは会社が福利厚生の一環として結婚相談所と契約しており、法人会員の場合は割安でサービスを使う事が出来ます。

法人会員のメリット

大手の結婚相談所では複数の会社と法人契約を結んでおり、その会社の社員は割安でその相談所を活用出来る仕組みになっています。会社に申告しなくても会員登録は可能ですので、結婚相談所に登録した事が即わかってしまう事もありません。

また法人会員が多く存在している結婚相談所は、豊富な種類の企業からの登録者も多いという事になります。他業種との関わりもできますし、結婚をする事で仕事へのモチベーションがアップする場合も多いです。法人会員制度は企業側、結婚相談所側双方にメリットのあるサービスなのです。

結婚適齢期となる20代後半以降は会社員として忙しい時期でもあります。多忙で相手を探す事が出来なかったという場合もありますので、福利厚生としては良いサービスとなっています。

法人会員制度活用でプライベートも充実

結婚相談所の費用は高額である場合が多いですが、会社が法人契約をしている場合割安で使用する事が出来ます。会社が忙しくなればなるほど、プライベートは充実しにくくなる傾向がありますのでパートナーを見つける為の福利厚生は好評です。

また法人契約をしている会社を見れば、その相談所をどういった会社の社員が使用しているかも見えてきます。その為、個人会員にとっても結婚相談所を選ぶ目安ともなります。

法人会員はコースを割安にするだけではなく、婚活パーティやイベントも割安価格での参加が可能になります。福利厚生として割りの良いサービス内容になっていますので、使いやすいメリットもあります。結婚相談所の使用を周囲に知られたくない、そういった使い方も出来ますので、個人情報もしっかり守ってくれます。

プライベートが充実すれば、仕事への意欲も上がるものですので会社としてのメリットも多い制度です。所属している会社へ相談所から報告がいく事はありませんので、安心して使えるという事も大切なポイントとなっています。


関連記事

  1. 婚活の際の第一印象における重要性について

  2. 専門家によるお見合いセッティングの内容について

  3. 会員情報誌にはどんな内容が書かれている?見ておきたい箇所は?

  4. 入会したら、必ず結婚できるのでしょうか?

  5. お相手検索システムのうまい活用の仕方

  6. 入会から実際にお見合いするまでは、どのようなの流れになるのでしょうか?…

PAGE TOP