会員登録で嘘をつくのはNGな点、気になる登録内容は?

婚活と聞いて何をイメージしますか?
最近では結婚相談所を利用する人も増えてきているようですね。
結婚相談所と言えば駆け込み寺のようなイメージがありますが、今ではポピュラーな存在になっており、そこで成婚したという人も多いのです。
さて、そんな結婚相談所での登録内容はどのようなものがあるのでしょうか。
嘘をつくのはNG行為なのです。

結婚相談所では嘘は少なく良い相手が多い?

一般的な出会いであると、相手が嘘をついている可能性があります。
正社員だと聞いていたのに派遣社員だったり、契約社員であることも多々あるようです。
そんな中、結婚相談所では嘘は殆どないと言えるでしょう。

まず登録内容に嘘を書き込むのはルール違反となりますから、バレた時点でその結婚相談所からは出入り禁止となります。
登録内容には年収や年齢など細かいことが記載するようにできていますが、それを証明するものが必要となります。
それが戸籍謄本だったり、源泉徴収だったりするのです。

  • それに基づいてこの人は嘘をついていないかどうかしっかり確認して結婚相談所は成り立っていますから、会員登録はしっかりしていると言えるでしょう。

  • プロフィール写真の自撮りはNG

    第一印象を相手に与えるプロフィール写真。
    この写真だけは自分で撮るのはやめておきましょう。
    どうしてもイメージが悪くなりがちです。
    表情を作るのも難しいですし、無表情、険しい顔などになれば印象が良くありません。
    家族や友人などに撮ってもらうと良いでしょう。
    わざわざ写真館までいかずとも良いでしょう。

    さらに嘘は絶対書かないことは前提です、当たり前のことですね。
    年収を多く書いたり、身長体重などを誤魔化す人も多いようですが、嘘はばれます。

    • プロフィールにはありのままのことを書くようにしましょう。

    • 会員登録には基本的な情報、名前や身長体重、年齢や勤め先などを書くことになりますが、その後PR文章というものがあります。
      これをだらだら長ったらしく書くのもやめておきましょう。
      完結に、きっちりした文章で書くことが印象アップする秘訣です。









関連記事

  1. 入会には本人確認・本人確認書類における注意点

  2. 結婚相談所の具体的な費用は?

  3. 結婚相談所の入会する時に住民票は必要?書類に関する注意点について

  4. 結婚相談所の入会条件には一体何がある?

  5. 結婚相談所で知り合って結婚した場合、出会いのなれそめを上手に秘密にして…

  6. 結婚相談所の卒業証明書は必要?偽造したらどうなる?

PAGE TOP