結婚に興味を示さない子供を入会させたいのですが、本人をどのようにその気にさせれば良いでしょうか?









自分の子供が、そこそこの年齢になってきても異性にあまり興味を示さなかったり、仕事をバリバリこなして仕事が楽しい!と言っている最中に、親としてはそろそろ結婚など考えて欲しいな・・・と思うようですね。

また彼氏がいない女性の場合、特に行き送れるのではないかとハラハラしてしまいます。
子供を結婚させるまでが親の役割だと実は思っているのです。
殆どの両親は、子供の結婚に対して小さい頃から教育をしていません。
ですから、結婚に興味が薄いですし、恋愛しても長続きしなかったりするのです。
そんな結婚に全く興味を持たない子供を結婚相談所に入会させることはできるのでしょうか。

子供に結婚の意思がなければ入会できない

実際、入会させるには子供の身分証明書などが必要になりますし、それに本人が入会する気が全くないのであれば、入会させることはできません。
いくら親でもそのような勝手なことはできないのです。

しかし、両親から話を聞き、一応入会だけはしておくか、というような場合は別で、入会手続きをすることができます。

しかしその後のお見合いやデートなどは実際本人が行うべきことなので、アドバイザーは色々と世話を焼いてくれますが、最終的には個人の判断となります。

恋愛は楽しいものだと知ってもらうこと

実は両親世代はお見合いが一般的だったこともあり、恋愛結婚というものが珍しかった時代でもあります。
1970年代は特にお見合い結婚が多く、会う回数も2回や3回など、少ない回数で会って、すぐに結婚したり、断ったりしていたのです。
ですから両親世代も恋愛の楽しさをしらないまま育っているので、子供に恋愛をどうやって楽しめるのか教えることができないのです。
結婚相談所で知り合い、交際がスタートした男女は皆口をそろえて早く恋愛をすればよかった、と言っています。
若い男女はその場その場の恋愛を楽しんでいます。

しかし大人になってからは違います。
もしあなたが30代に突入していたら、結婚するのは恐らくかなりの難関です。
実は結婚相談所に登録している女性は30代が最も多いからです。
ですから早く登録しておけばよかった、という会員もいるのです。

また男性のほうは30代後半が厳しい時期とも言われていますから、お互いにその年代に入る前に結婚相談所に入会しておくと、理想の相手を選ぶことができます。
交際スタート、デートを重ね、やっぱりお断り、その次にまた交際スタート、などを繰り返すことができるのは女性であれば20代だけです。

本気で恋愛し、結婚までこぎつけようと思うのであれば、一刻も早く結婚相談所に入会するのが良いです。


関連記事

  1. 結婚前に契約書を交わす契約婚についての押さえておきたい基本

  2. 結婚相談所の入会と専任アドバイザーについて

  3. 芸能人に多いセレブ婚は幸せなのか?セレブ婚を成立するコツ

  4. 離婚した配偶者との間に子供がいても大丈夫ですか?

  5. 理想の相手のオンライン検索の探し方・注目ポイント

  6. 結婚相談所でよくある口コミにはどんな内容がある?

PAGE TOP