結婚相談所での学歴はどのくらい重視されるのか?

更新日:2019年11月4日
公開日:2019年7月16日


結婚相談所において学歴はどの程度重要視されているのでしょうか。
一般的には女性の学歴はあまり気にしないという男性は少なくありません。
しかしながら、女性の場合は男性の学歴を気にする方がとても多いのが実情です。
では、どれくらい結婚相談所では学歴が重要視されているのでしょうか。
詳しく見ていきたいと思います。

男女によって学歴の捉え方が違う

女性の場合

結婚相談所において、女性が男性に学歴を求める基になっているのが「学歴が高ければそれだけ収入も多い」という考え方です。
あくまで一般的なデータになりますが、高卒や短大卒と比較して、大卒の方が年収ベースで100万円程度多いと言われています。
また、高収入が期待できる一部上場等の大企業の場合は入社の条件として大卒以上としているところも多いため、そのような会社には大卒でないとそもそも就職することができません。
どうしても女性は結婚後、経済的に男性に期待するケースが多く、高学歴=高収入のイメージが強いため、女性は高学歴の男性を求める傾向にあります。


男性の場合

一般的には女性と違い、男性の場合は女性に対して経済的に依存しようと考える方がほとんどいないため、学歴自体を気にしないという方が少なくないです。

現在45歳以上くらいの男性の場合は、その傾向がありますが、若い世代では、女性の高学歴を良しとする方もあります。
特に早慶以上の学歴を持つ男性は、女性にも同じ環境で育ち、知的な教養のある、刺激し合い尊敬できる女性を求め、大学のランクも自分と同じ程度であることを安心と考える方もあります。

家で話題を相手に合わせるストレスがないと言う意味で、同じ環境、同じレベルの女性を伴侶として選ぶことが多いようです。逆に、女性のほうが高学歴であることを、男性は気にしない方も増えてきました。
それは、高学歴、いい大学を出ている女性が一流企業に勤める確率が高く、福利厚生が整って収入を継続して高く維持しやすいということと、男女平等の観点から、尊敬できる女性と結婚したい男性が増えているせいです。男性がパートナーに強さを求めるようになってきたことが、女性の学歴への関心の高まりに影響しているのでしょう。

20代30代の男性は、とくに、自分が優秀で高学歴でも、妻にも同等の学歴と収入を求める傾向にあります。
経済的にも女性が助けてくれると有難いというのが、今の若い男性の本音であるようです。

もちろん男性のなかには、昭和時代のように、女性のほうが自分より学歴ランクが下であるほうがいい、あるいは学歴に頓着しない方もあります。
それらの違いは、住む地域が都心か地方か、その人の高校までの教育環境、親の価値観によっても変わるでしょう。

60%以上が大学、大学院卒

自然に出会って恋愛になれば、収入が高ければ学歴で人を見ないケースもあると思います。
一方で結婚相談所となると、どうしても条件重視でお互いを見るので、男性も女性もお互いに、基本は大卒以上を求めあうようです。

さらに学歴の高い男女は、自分と同等の偏差値の大学出身であることにこだわります。
医学部だと、私立医学部なのか国公立なのか、難易度で、医師同士でもお見合いが成立しないこともしばし見られ、個人により、学歴へのこだわりには大きく差が生じています。

メリットがあればOK?

学歴と年収は相関関係にあることが多いですが、必ずしも比例しているかというとそんなことはありません。
勤めている会社や業界、働き方等によって変わってくるので、高学歴だからといって、高収入であるとは限りません。
また、とくに高卒・専門卒の女性の場合は、学歴には興味がない女性も少なからずいるので、プロフィール等で収入は確認するけど、学歴は見ないという方もいます。
最終学歴が高卒であっても、起業して成功し、サラリーマン以上の収入を得ている方も中にはいます。
年収や卒業校に現れないその方独自の才能を見つけられると、婚活はもっと選択肢が増えて、フィーリングの合う方と早く出会えるかもしれません。

まとめ

結婚相談所での婚活において、学歴は少なからず重要視されます。
男女平等の社会で、専業主婦を男性が希望しなくなった今、女性の学歴も以前より見られるようになってきました。
実際には、会社に入って、学歴だけで一生安泰という時代はもう終わっています。
その人の努力の一つの証が学歴ではありますが、それが高くてもそうでなくても、結婚したいなと思われるような人物を、日頃から目指して努力していきたいですね。

監修者(村田弘子)のコメント

結婚相談所のシステムでは、まずチェックされるポイントの一つが学歴です。
男性は個人により、若くて可愛ければ、学歴は関係なしという方もありますが、近年は、女性も同じように学歴、収入を求められるようになってきました。
スペックの高い男性であるほど、将来の子供の教育を考え、やはり女性も学歴がいいに越したことがないとなっています。
学歴も収入も女性の方が高くてもOKの方も、少しずつ増えています。
時代の流れですね。

監修者(村田弘子)プロフィール









関連記事

  1. 恋愛経験を活かして婚活するときの注意点

  2. 在籍証明書は登録時に必ず提出しなければいけない?

  3. ツヴァイの7つの出会いとは何ですか?

  4. 結婚相談所におけるスクリーニングとは?

  5. 結婚相談所における不成立とはどんな状況か?

  6. 結婚相談所の月会費って一般的にどのくらい?注意点は

PAGE TOP