年々高くなる現在の結婚適齢期事情について









結婚適齢期とされる年齢は年々高くなっていますが、現在の結婚適齢期はどのくらいなのでしょうか?
また、男女差や結婚適齢期が高くなる原因についても考えてみましょう。

高くなった結婚適齢期の現在の平均は?

結婚適齢期の平均をまとめたデータを見てみると、女性の場合には20代半ばから30代前後くらいだと言われることが多くあります。

女性の結婚適齢期は妊娠、出産と深い関係を持っていて、年齢が高くなると出産に際してのリスクが高まることがあるため、子供のことを考えて結婚適齢期がこのくらいの年齢になると考えられています。

昔よりも年齢が高くなっているのは、女性が社会に出やすくなり、仕事を続けやすい環境が整っていることが大きく影響していると思われます。

男性の場合の結婚適齢期は、現在は30代前半、30代後半が多く挙げられますが、全体を通してみると20代から40代までと幅広いことが特徴です。

経済的に家族を養う環境が整うことが男性の結婚適齢期と関係しているようです。

結婚適齢期はなぜ高くなるのか?

女性の場合も男性の場合も結婚適齢期は年々高くなっていく傾向があるのですが、理由として挙げられるひとつには周りが結婚をしないことがあります。
周囲に結婚をしない人が増えると、自分も急がなくて良いと感じてしまうことが多くなり、結婚の時期が遅くなると言われているのです。

また、現在の仕事にやりがいを感じている場合にも、女性は特に妊娠や出産で仕事から離れなければならない期間が出てくるため、結婚よりも仕事を優先しようと考えることがあるようです。
男性の場合も仕事や自分一人のプライベートな時間が充実していると、家庭を持つ必要性を感じにくくなることがあると言われています。

更に男女に共通していることとして出会いの場がないことが挙げられるのですが、この問題をクリアにするためには積極的に人と接する機会を設けたり、結婚相談所を利用して開催されているパーティーやイベントに参加することをお勧めします。


関連記事

  1. 結婚相手に求める条件とは?

  2. 結婚相談所・婚活における守らなければいけないルール

  3. スピード婚をするときに事前に注意しておきたい事とは?

  4. 知っておきたいお見合いルールについて

  5. プライベート感溢れるハウスウェディングについて

  6. パーティーでのフリータイムでうまく立ち回るコツ

PAGE TOP