現在の結婚における結納についての認識・考え方









過去には結婚の際に結納を行うのは当たり前でしたが、現在は必ず行わなければいけないものではなくなっています。費用負担もありますし、家によって考え方が違いますので、結婚を考える際はそういった手続きをどうするか相談する事も必要です。

結納に対する考え方

以前は結納は厳格な儀式であり、両家の繋がりを再認識するものでしたが現在は必ずしもそうではなくなっています。ただ結納など結婚に関する儀式は地域制が高いものであり、地域によって負担する人が異なる場合もあります。

その為、結納を行う場合はどちらがどの程度の額を負担するか、どういった式にするか相談が必須となります。費用の問題や堅苦しいものが苦手であった場合など、結納を省く場合も多いです。

ある調査では結婚をするカップルで結納を行うのは25%ほどにあたるというデータもありました。現在では結納を行わないカップルの方が大多数になってきたというわけです。

結納は家と家の繋がりを示す儀式ですので、家の伝統や地域制でない場合は結納は行わなくても良いという事になるのです。今では家族の意思より当人がどう思っているかが重要視されてきていますので、自然な流れなのかもしれません。

結納のメリット

費用のかかる結納にもメリットがあり、結婚に対する意識を高める事が出来る他、結婚式の前段階としての意味もあります。その種、結婚を重いものと考えより大切に思う理由にもなります。結納を行った後結婚式、披露宴と続く流れは昔からあるものですし、最初の共同作業としての意味もあり絆を深める事も出来ます。

現在では結納の代わりに食事会などお互いの両親を引き合わせる会を行うケースが多くなっています。そういった場合でも費用の問題は出てきており、どちらが負担するかはしっかり相談しておきましょう。

  • 結婚は家ではなく当人同士で行うものとなってきていますが、親同士の顔合わせは必須です。結納を行わない場合も食事会などカジュアルな形式で行っておきましょう。お互い顔合わせをしていく事で、後々のトラブルを回避する事にも繋がります。

関連記事

  1. 結婚相談所に申し込みを決めたら事前に行っておきたい事

  2. 家族や知人などの周りの人に知られないで活動はできますか?

  3. サークルに積極的に参加して婚活をする時のポイント

  4. 良いインターネット結婚情報サービスの見極め方

  5. 結婚とカラー診断は関係あるの?カラー診断っていったい何?

  6. 合コンマナーで身に付けたい事は?

PAGE TOP