結婚相談所の選び方や加盟している連盟について









昨今の婚活ブームに乗って、続々と新しい結婚相談所がオープンしています。
利用者からすれば、価格競争が起こる事で適正な料金でサービスを受けられる選択肢が増える事になるため、歓迎すべき事と言えるでしょう。

ただし、その反面で結婚相談所の選び方で悩む事が増えてしまいます。
そのような状況に対応するためもあり、各結婚相談所では複数の結婚相談所同士が提携し、連盟を作り会員情報の共有を行っています。

それによって、ひとつの結婚相談所に登録しているお相手だけでなく、他の複数の結婚相談所に登録している方にも、交際のお申し込みが出来るのです。

どこの結婚相談所に登録しても、同じ連盟なら紹介される人は同じ?

日本にはいくつかの結婚相談所の連盟がありますが、同じ連盟に加入している結婚相談所であれば、どこに登録していても同じ会員情報を見られるという事なのでしょうか?

結論から言えば、全ての結婚相談所が全会員のデータを、連盟のデータベースに載せているとは限りません。
かなり好条件の方のデータは、自社だけで所有している可能性があります。

ただしそのような方はほんの少数であると考えられますので、基本的にはほとんどの会員データは共有されています。
ただし、それらの方にお見合いのお申し込みをしたからと言って、必ずしもお見合い成立には至りません。

まずは相手の仲人さんや担当カウンセラーの方が、その人の求めている条件に合う人かどうかをチェックしてから、先に進む事になるからです。
大規模な結婚相談所であれば、それなりの会員数がいるはずなので、自社の中でお相手を探す事も可能かもしれませんが、逆に会員数が多いほど選択肢も多いに越した事はなく、そういう意味で連盟のデータベースを利用します。

逆に規模の小さな結婚相談所では、自社同士のマッチングに限界があるため、連盟のシステムを利用してお相手を紹介しています。
各結婚相談所は連盟のシステムを利用するための窓口とも言えるのです。

どこの窓口を選ぶか

その上で、どこの窓口(結婚相談所)にするか選び方を考える必要があります。
連盟が同じ結婚相談所であれば同じデータを持っていたとしても、そのデータの利用方法や利用制限、また料金などは各結婚相談所、それぞれの考え方で運営されているからです。

それぞれの結婚相談所のアピールポイントをチェック

結婚相談所の選び方のひとつとして、それぞれの結婚相談所のアピールポイントをチェックするという方法があります。

  • 医師専門
  • ハイステータス専門
  • 好立地でおしゃれな事務所

こういったアピールポイントを持つ結婚相談所には、多くの女性は魅力を感じる事でしょう。

ただし、そのような結婚相談所には多くの女性会員が、すでに登録しているという事も頭に入れておく必要があります。
好条件な男性はいないことはないですが、その数は少数です。
当然競争率は高くなるのが予想されます。

また、そういうイメージで運営している結婚相談所は、料金も高くなりがちです。
本当に必要ではないサービスに高いお金を支払う事にならないよう、冷静に判断する必要があります。
果たしてそのような結婚相談所が、自分に合っているのかをよく考えてみましょう。

まとめ

結婚相談所の選び方は、自分の未来も左右するかもしれない大事なポイントです。
ただどこの結婚相談所であっても、入ってしまえばそれでおしまいではなく、むしろそこからがスタートとなるわけです。

どこの結婚相談所であっても、それぞれメリットまたはデメリットがある事でしょう。
焦らずじっくりと選び、入ってからは十分にそのサービスを利用して、幸せな結婚に結び付くように、活動して行って下さい。


関連記事

  1. 用意する写真は超重要

  2. 結婚相談所での正しい交際の断り方

  3. 40代の方が成婚する為の基礎知識

  4. 結婚相談所のパーティーのメリットとは?

  5. 結婚相談所で結婚できない人と、できる人の特徴

  6. 結婚相談所の費用

PAGE TOP