再婚をする為の婚活をするポイント

再婚を希望する方が押さえておきたい婚活のポイントや、結婚相談所を選ぶ時に注意する事などをお伝えします。

再婚の場合に押さえておきたい婚活のポイント

再婚を希望する場合、初婚よりは多少ハードルは高いと考えられますが、結婚出来ないというわけではありません。
再婚の婚活に必要なポイントを4つご紹介いたします。

ポイント1 以前の経験を活かす

離婚の経験のある方は、初婚の人に比べると経験値は間違いなく高いと言えるでしょう。
少なくとも1回は結婚しており、結婚生活も送っているのです。
ですから交際中にケンカになったり、デートで小さな失敗をしたりした時など、過去と同じようなシチュエーションになった時には、どうする事が良い対応なのかわかっているはずです。
お相手と良い関係を築くために、以前の経験を活かす事が大切です。
またそれだけでなく、なぜ前回の結婚生活が上手く行かなかったのか振り返る事も重要です。
離婚の理由は人それぞれですが、どちらか1人が一方的に悪いという事はあまりありません。
もちろん結婚生活には良い事もあったはずですので、良い事も悪い事もきちんと受け止め、新しいお相手との関係に活かすようにして下さい。

ポイント2 服装のチェックを怠らない

いくら再婚でも、ときめきがないと婚活は出来ません。
地味過ぎる服装や、逆に派手過ぎる服装は控えましょう。
女性らしさや男性らしさを感じられ、相手に好印象を与えられるようにしましょう。

ポイント3 離婚理由の伝え方に注意する

再婚するにあたって、前回なぜ離婚に至ったのか、その理由をお相手に伝える場面は必ず必要になるでしょう。
その際に、以前の相手を一方的に悪く言うのは良くありません。
悪い印象を与える話をすると、話しているあなたにも相手は良い印象を持ちません。

例えば、「浮気性で浪費もひどい人だった。」と伝えたような場合には「浮気したくなる原因があったのではないか?」と考えるかもしれません。
また「遊び歩いてばかりで、家に帰って来なかった。」と言えば「家に帰るのも嫌になる程のひとかもしれない。」と思われてしまう可能性もあります。

ポイント4 自分の都合ばかりを押し付けない

再婚時には初婚の時より慎重になって、相手に様々な条件を押し付けてしまう人も多いようです。
例えば「子どもに転校させたくない。」「仕事は変わりたくない。」「親のそばにいたい。」など、自分の都合ばかり押し付けてしまうと、良いご縁は訪れません。
絶対にゆずれない点もあるかもしれませんが、相手の立場も考え譲れる部分は譲るといった柔軟さも必要です。

再婚のための結婚相談所を選ぶポイント

次に再婚を希望する方が結婚相談所を選ぶ際のポイントを3つご紹介します。

  1. 自宅から通いやすい場所にある事。
  2. 再婚の実績がある事。
  3. 専任の担当者が親身になってサポートしてくれる事。

それぞれについて詳しくご説明します。

自宅から通いやすい場所にある事

結婚相談所に入会手続きが済んだ後は、基本的に毎月郵送される紹介状などを基にして活動を進めるため、結婚相談所に何度も足を運ぶ必要はあまりありません。
しかし、結婚相談所の中でお見合いを行ったり、実際に担当者に会ってカウンセリングを行う事もあるので、できるだけ自宅から通いやすい場所にあるところを選ぶ事をお勧めします。

再婚の実績がある事

結婚相談所も様々あり、それぞれの強みは異なっています。
再婚を希望するのであれば、再婚に強い結婚相談所を探すようにしないといけません。
最近では再婚に特化した結婚相談所や、再婚目家のプランを用意している結婚相談所もあります。
資料や公式ホームページなどで確認してみて下さい。

専任の担当者が親身になってサポートしてくれる事

再婚を希望する方の中には、慎重になり過ぎて自分だけでは相手を決められないという人もいるようです。
そういった時に専任の担当者が親身になって一緒に考え、時に背中を押してくれる事で婚活が成功する事もあります。
行くたびに担当者が変わるようでは、話がしにくくなりますので、できるだけ専任の担当者が付く結婚相談所を選びましょう。

再婚に力を入れている結婚相談所

多くの結婚相談所の中から、再婚に力を入れている3つをご紹介します。

サンマリエ

経験豊富なスタッフがじっくり話を聞き、ぴったりのお相手を紹介してくれます。
最大9万円割引されるシングルマザー向けのプランも用意されています。

サンマリエはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「サンマリエ」 結婚相談所・結婚情報サービス

楽天オーネット

楽天オーネットの会員の中で、再婚は約3割です。(どちらかまたは両方が再婚のケース。)
再婚専門のサービスはありませんが、会員数が約45,000人と多いため、様々な出会いのチャンスがあります。

楽天オーネットの結婚力診断はこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
婚活計画

ツヴァイ

ツヴァイは自分が希望する条件などを入力し、データでマッチングして紹介する結婚相談所です。
パソコンやスマホなどからいつでもアクセスできるため、小さなお子さんがいる方でも外出せずに婚活が出来ます。

ツヴァイの結婚力診断はこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
結婚仲介所

近年に離婚・再婚事情

国内の離婚件数

日本での離婚の軒数は、2002年の約29万件がピークで、それ以降は減少傾向です。
とはいえ、1990年代は約15万件で、それに比べるとはるかに多い状態です。
現在はおよそ20万件以上の夫婦が1年間に離婚しています。
そのうちのおよそ90%が、話し合いで離婚を決める協議離婚、残りの約10%が法的手段で離婚を決める調停離婚または裁判離婚です。

離婚が多いのは30代

離婚が最も多い年代は男女ともに30代です。
女性の場合は20代後半から離婚の割合が増え始めます。
離婚の理由として最も多いのが、性格の不一致や相手の浮気、またDVです。
この理由は全ての世代で共通するものですが、特に30代がこの理由で離婚する人が多いようです。

半分以上が5年以内に再婚

離婚した直後は多くの人が「もう2度と結婚なんてするものか。」「独身生活をたのしむぞ。」などと考えるようですが、しばらくして気持ちが切り替わると、自分の人生や老後を考えてもう1度結婚したいと思うようになるようです。
離婚から再婚に至るまでの期間は、5年以内の人が多いようです。

厚労省の調査では、平成23年に結婚した約67万組の夫婦のうち、約20%がどちらかまたは両方が再婚だという事です。
つまり5組に1組はどちらかまたは両方に離婚歴があるという事になります。
この割合は今後も増えて行く事になるでしょう。

年齢や性別に関わらず、離婚して終わりではなくそこから人生を立て直して、新たなスタートをきる人が多いようです。
この先さらに時代が進むと、初婚同士のカップルよりも、どちらかまたは両方が再婚だというカップルが目立つようになる日も来るかもしれません。

中高年の結婚や再婚なら
【M’s Bridal Japan】

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓









関連記事

  1. スマホで婚活?!

  2. メリットとデメリット

  3. データマッチングサービスとは?

  4. 入会から成功までの流れ

  5. 結婚相談所に抵抗感を持つ本当の理由とは

  6. 結婚相談所で結婚した成婚率の実態は?

PAGE TOP