無職の男性でも入会できますか?

更新日:2019年10月27日
公開日:2019年7月5日


職に就いていない無職の男性は結婚相談所に入会することはできるのでしょうか?
基本的に結婚相談所というところは男性の無職では登録することができません。
アルバイト、フリーターなどの男性も同様に入会することはできないことが多いです。(契約社員は入会可能なところもあります。)
大抵の結婚相談所は定職に就いていることを入会条件のひとつとしています。
定職に就いていないと、ほぼ間違いなく審査の段階で落とされるので、結婚相談所に入会することはできません。
ただし、特別な事情があるケースだと、結婚相談所に相談することで稀に入会を認められることもあります。

女性の場合はどうなの?

結婚相談所というのは、外でお金を稼ぐのは男性、内で家を守るのが女性という前提が少なからず残っています。
女性の場合だと、家事手伝い、いわゆる無職であっても登録することが可能となっています。
ですから、何故男性ばかりが無職だと登録できないのか?と不満を漏らす声が聞かれることもあります。

しかし、結婚している夫婦の場合において、夫が無職だとしたら、妻がパートなどで働くことが想像できますが。それだと家族の大黒柱としてどうなのか?あくまでもお金を稼ぐのは夫の役目じゃないのかという点を審査で見られ、落とされてしまうのです。

女性はアルバイトでも正社員でも、派遣社員でも、家庭を守ることが目的としている存在と見られるため、そこまで収入にこだわられることはありません。
また、専業主婦を希望する男性会員もいるので、そのような方にとっては無職はマイナス要素になりません。(共働きを希望する男性会員の方が多い傾向にありますが・・・)


無職の女性ができる婚活とは

無職の女性が婚活を進める上で有利な点は、「平日でも動ける」ということです。
土日祝日しか動けない女性会員も多くいますし、それだけではなく、土日祝日は働いていて、平日が休みという男性会員と会う機会を設けることができるからです。
他にも働いている女性に比べて時間を取りやすいかと思われるので、家事の技術を磨いておきましょう。家事のスキルアップを図りつつ、専業主婦を希望している男性を探せば成婚につながる確率はアップします。自分磨きのためにできることはやるようにしていくといいでしょう。

男性は就職して落ち着いてから入会

万が一、無職の男性が入会できたとしても良い相手が見つかる可能性はとても低いです。
考えてもらえばわかることですが、生涯を過ごすパートナーが無職でも構わないと考える女性は皆無に等しいからです。

多くの女性は結婚相手に経済力も求めているのです。
婚活をしている男性の年収の割合で多いのは400万円前後と言われていますが、結婚相手に700万円以上の年収を求める女性も少なくないのが現状です。

なので、もし無職で入会ができる結婚相談所があるとしたら、サクラが多く信頼性の低いところの可能性があります。
男性の場合は、とにもかくにもまずは就職してから入会してくれませんか、というところなのです。

今現在は無職ですが、就職が決まったから結婚相談所に入会したいと思う方もいるかもしれませんが、就職が決まったからといってすぐに入会を希望するのはおすすめできません。と言うのも、もしかしたら、すぐに辞めてしまうかもしれませんし、今と状況が変わることで、環境がガラッと変化することも考えられます。
まずは、就職先で仕事をこなし、ある程度落ち着いてから入会を考えてみても遅くはないと思います。

何もできないと判断される

何をするにもお金がかかる世の中なので、お金を稼ぐことが苦手な男性は、女性の方に良い印象を与えないのが一般的です。
結婚する際に結婚式を挙げる時点でお金が掛かってきますし、日常生活を送るためにはある程度生活費が必要となります。
結婚式だけではなく、ハネムーンに行く場合は当然プラスでお金が掛かってきます。
結婚して妊娠し、出産することになったら、男性の収入はとても重要になります。
無職の男性のままで、幸せな結婚生活を送れる可能性が低いという理由から、審査で落とされるようになっています。

さらに個人経営の場合、個人事業主で法人化していない場合だと、結婚相談所の判断で無職として扱われることが稀にあります。
ただ、数年分の収入証明書を提出することで、回避できることがほとんどなので、個人事業主の方の場合はそこまで神経質になることはありません。

フリーターやアルバイトで収入を得て生活している人も若い人には多いですが、そのようないつ切られるかわからない条件で働いている人も、やはり結婚相談所には入会することができない可能性が高いです。
まずは定職についてから入会を考えるようにしましょう。

今現在無職で、さらに35歳以下の男性であれば、定職に就くことはそこまで難しくはないでしょう。
ハローワークなどを利用し、就職活動をしっかりと行えば、35歳までなら年齢制限をクリアしている可能性が高いので、おそらく就職できるでしょう。
しっかり収入を得ることができるようになって初めて結婚相談所へ入会できるようになります。覚えておきましょう。

まとめ

結婚相談所に入会したらどなたでも結婚できるのかというと残念ながらそんなことはありません。
定職に就いていても結婚に至らない方もいます。
仮に無職の男性が結婚相談所に入会できたとしても、結婚できる可能性はゼロに等しいです。
年収多い少ないの問題ではなく、定職に就いているということが重要なので、定職に就いて落ち着いてから結婚相談所への入会を考えるようにしましょう。

監修者(小川和哉)のコメント

一般的に、結婚相談所での印象の第一歩はステータスです。
世の中お金が全てではありませんが、生きていくのにお金は必ず必要です。相手の立場になり、どのようなステータスだと選んでもらえるのかを考えることも大切です。
安定した継続的な収入は、見ず知らずの相手に安心してもらうためには重要なポイントです。

監修者(小川和哉)プロフィール









関連記事

  1. 平均的な交際期間はどのくらい?

  2. 結婚相談所は休会出来る?休会の主な内容や事例

  3. 結婚相談所はいつでも退会出来る?退会時の注意点

  4. よくある一般的な結婚相談所の入会の条件・費用について

  5. 自分の顔写真を掲載することに抵抗があるので、掲載しない状態でも活動でき…

  6. パーティーでのフリータイムでうまく立ち回るコツ

PAGE TOP