無職の男性でも入会できますか?









職についていない無職の男性は結婚相談所に入会することはできるのでしょうか?

基本的に、結婚紹介所というところは男性の無職では登録することができません。

派遣社員やアルバイト、フリーターなどの男性も同様に入会することはできないようになっています。
間違いなく審査の段階で落とされますし、入会することができません。

女性の場合はどうなの?

女性の場合だと、家事手伝い、いわゆる無職であっても登録することが可能となっています。
ですから、何故男性ばかりが無職だと登録出来ないのか?と不満を漏らす声が聞かれることもあります。

しかし、男性が無職の場合、女性がパートなどで働いており、しかし男性として家族の大黒柱としてやってけるのか?という点が審査で見られ、落とされるのです。
女性はアルバイトでも正社員でも、派遣社員でも、家庭を守ることが目的となっている存在ですから、そこまで収入にこだわられることはありません。
男性の場合は、まず就職してから入会してくれませんか、というところなのです。

何もできないと判断される

無職の男性は、何をするにもお金がかかるこの世の中で、稼ぐことができなければ何もすることができないことになります。
結婚式の時点で既にお金がかかってきますし、日常生活を送るためにはある程度の生活費が必要です。
また結婚式も膨大なお金がかかりますし、ハネムーンだってそうでしょう。
無職の男性のままで、幸せな結婚生活など送れないという理由から、審査で落とされるようになっています。

さらに個人経営の場合、個人事業主で法人化していない場合だと、結婚相談所のほうでは無職として扱われることがありますから注意しましょう。
またフリーターやアルバイトで収入を得て生活している人も若い人には多いのですが、そのようないつ切られるか分からない職についている人も、やはり結婚相談所には入会することができないのです。
まずは定職についてから入会しましょうということです。

今現在無職で、さらに35歳以下の男性であれば、定職につくことは可能でしょう。
ハローワークなどを使えば35歳までならボーダーラインに乗っていますから、就職はできます。

しっかり収入を得て初めて結婚相談所へ入会できますから、覚えておきましょう。

また、結婚相談所の資料請求はインターネットの一括サイトで行うと大変便利です。
いくつかの結婚相談所のパンフレットが一度に送付されてきますから、比較検討することができますので、是非活用して自分に合いそうな結婚相談所を見つけましょう。


関連記事

  1. 本交際と仮交際の違いは?

  2. 結婚相談所にはクーリングオフの制度はあるのでしょうか?

  3. 結婚相談所の登録用写真の服装はどんなものが良い?

  4. 相談所における独身証明書っていったい何?

  5. 上手に相手の結婚観を聞きだす方法について

  6. お見合いをするメリット・デメリット

PAGE TOP