結婚相談所で入会審査に落ちる理由は?審査の基準や通過する為の基礎知識

「結婚相談所に入会しようとしたが入会できなかった・・・」このような話を聞いたことがあるかもしれません。
結婚相談所では入会にあたり審査を実施し、会員になるのにふさわしいかどうかの判断をしています。
こちらのページでは結婚相談所の入会審査の基準や通過する為の基礎知識、審査に関するホントとウソについてご案内していきます。
入会を考えている結婚相談所の会員になれるように、ぜひ当ページをお読みになって知識を身に付けてください。

入会審査がある理由

どうして結婚相談所に入会するのに審査があるの?と思うかもしれません。
そもそも結婚相談所は本当に結婚したい会員を集める必要があり、それと同時に異性とのマッチング率も高めていかなければなりません。つまり、そこまで結婚する気がない入会希望者を受け入れるわけにはいかないのです。

結婚相談所のほとんどで、プロフィールの登録の為、どのような相手を希望するのか、勤め先や年収等の書類を提出する必要があります。まずは書類審査を行い、その後実際に本人にヒアリングを行い、本当に結婚の意思があるのかを確認したりします。中には本人に結婚の意思が無くても、親が無理矢理連れてきて結婚させようとする場合もあるので、このような場合は当然、入会を拒否します。結婚に対する本気度が低い人の入会は断り、質の高い会員だけで運営している結婚相談所も少なくないのが現状です。

入会審査時に絶対にやってはならない事

入会審査時に絶対にやってはならないことの一つが「ウソをつく」こと、虚偽の書類を提出することです。「まさか、ウソをつく人はいないでしょ!?」と思うかもしれませんが、男性の中には学歴や職業、年収にコンプレックスを持っている方も少なくありません。故に卒業証明書や収入証明書を書き換えてしまうのです。

いわゆる偽造工作になるので、たとえ結婚相談所に入会できたとしても、明るみになった場合は結婚相談所のみならず、成婚した相手からも訴えられる可能性が出てきます。裁判沙汰になるのを避ける為にも絶対に行わないようにしてください。

次に挙げられるのが、スペックが高すぎる相手を要求することです。ダメな男性の理想像として以下のようなものがあります。

  • 年収が500万円以上
  • 年齢は23歳から29歳
  • 結婚後、相手の両親と同居しなくていい
  • 家事全般をこなせる
  • 新垣結衣に似ていて、スタイルがいい

誰しもが少なからず理想があるかもしれませんが、上記の様な結婚の理想像に滅多に居ない人を求めるのは、うまくいかずに結ばれないことがほとんどです。入会時にコンサルタントから高すぎる理想を落とせないか等の打診を受けることも考えられます。受け入れられないようなら、入会を断られることも・・・
女性の場合であっても同じことが言えます。例えば相手の職業が「弁護士」「医師」「公務員」といった高給のイメージがあったり、安定しているイメージがある職業のみを要求すると、そのような職業を専門で扱っている結婚相談所以外は他の職業も入れてもらえないかといった打診をコンサルタントから受けることがあります。

共通した審査内容とは

独自の基準を持っている結婚相談所もありますが、どこの結婚相談所でも共通して見ている項目があります。共通項目にはどのようなものがあるのか以下を参考にしてください。

健康かどうか

「うつ病にかかっている」「障害者手帳(精神、知的障害)を持っている」等に該当する場合は入会を断られてしまうケースがあります。精神に疾患を抱えている方をマッチングさせることが困難な為に断られるようです。ただ、結婚相談所によっては本人の意思が強い場合に入会を検討してくれる場合もあるので、精神に疾患を抱えていても相談はしてみてもいいでしょう。

安定した収入がある

健康かどうか見られる他にも共通して見られる項目として、安定した収入があるかどうかということです。会社員の場合は入会審査で収入で引っ掛かることは滅多にないですが、個人事業主だと収入が安定していないとみなされ審査に通過できないこともあります。もちろん、全ての個人事業主に当てはまることではなく、これまでの収入がどれくらいなのか、どのような業界なのか等、個々に判断されるので、個人事業主だからといって過度に心配する必要はありません。

収入が低い場合に入会を断られることはありますか?

安定した収入があるのが求められる他に、収入の高さも入会審査に関係してきます。あくまでも一般的な結婚相談所の判断基準になりますが、年齢×10万円としているところが多いです。例を挙げると、30歳も場合は30×10万円で300万円、38歳の場合は38×10万円で380万円という具合です。ただ、結婚相談所によってはこの基準より少なくても安定した収入があれば、入会OKのところも珍しくありません。結婚相談所によっては入会条件の中に「年収600万円以上」等を設定しているところもあるので、ご自身にマッチした結婚相談所を選ぶようにするといいでしょう。

学歴が低い場合に入会を断られることはありますか?

結論から言いますと、学歴が低い場合であっても入会を断られることはほとんどありません。専門学校卒、高卒であっても問題なく審査は通るかと思われます。たとえ、中卒であっても入会することはできるでしょう。ただし、結婚相談所の中には大卒が入会の条件になっているところもあるので、そのようなところへの入会はできません。ただ、基本的には学歴に関係なく入会できる結婚相談所が大半を占めるので、学歴は隠さずに審査を受けるようにしましょう。

まとめ

結婚相談所の入会審査についておわかりいただけたでしょうか?決して難しい審査基準があるわけではなく、経歴を偽ったりしなければほとんどの入会希望者は問題なく入会することができます。「結婚相談所に入会しようかな」と思っているなら、入会への一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?









関連記事

  1. まだ真剣に結婚を意識してないのですが、それでも入会は可能ですか?

  2. 無理に見合いを勧められたり、交際を強く勧められたりしませんか?

  3. 定職についていないと結婚相談所の入会は難しい?

  4. お相手検索システムのうまい活用の仕方

  5. 結婚相談所の相性診断をするときに事前に知っておきたい事

  6. 結婚相談所のオプションには何があるか?

PAGE TOP