結婚相談所へ入会する際の必要書類は?準備しておくべき書類まとめ

当ページでは結婚相談所に入会する際に必要とされる5つの代表的な書類と、求められる可能性があるその他の書類についてご案内しています。
あらかじめ、入会にはどのような書類が必要なのかを把握しておけばスムーズに入会することができるので、ぜひ、参考にしてください。書類を用意しているうちに入会する心の準備もできてくると思います。

代表的な必要書類

①独身証明書

独身証明書は文字通り独身であることを証明する公的な書類になります。結婚相談所の会員の中に既婚者が居ては大問題です。既婚者が会員の中に紛れ込んでしまうことがないように独身証明書の提出が必要となります。独身証明書は全ての結婚相談所で提出が義務付けられている書類になります。

独身証明書はどうやって入手するの?

独身証明書は本籍がある区役所、市役所、町役場、村役場の窓口に申請して入手することができます。入手の際は本人確認書類(運転免許証、パスポート等)が必要になります。休みが取れない等で平日に足を運ぶのが困難でしたら独身証明申請書を郵送することで入手することも可能です。郵送での入手を希望する場合は、独身証明申請書の他に、運転免許証等の本人確認書類のコピー、定額小為替(独身証明書発行手数料分)返信用封筒を送りましょう。役所によって定額小為替は150円から400円位で差がありますが、役所のホームページで確認することができるので、あらかじめ確認した上で購入するといいでしょう。

②卒業証明書

卒業証明書は最終学歴を確認する為の書類になります。結婚相談所に登録している会員の中には学歴を重視している方も少なくないので、提出するようにしましょう。

卒業証明書はどうやって入手するの?

卒業証明書はご自身が卒業した大学、専門学校、高校、中学で入手することが可能です。学校側に入手の目的を聞かれますが「結婚相談所に提出します」と伝えれば発行してくれます。もし、結婚相談所に提出すると言いたくない場合は、職場から提出を求められたと伝えておけば問題ありません。もし、中退している場合は、在学していたことを証明をする為に、在学証明書を提出しておくといいでしょう。

③在籍証明書

在籍証明書は今現在の勤務先を証明する書類になります。結婚相談所は質の高い会員を求めているので、入会審査を設けていますが、中にはコンプレックス等から勤務先を偽って入会しようとする人も居るので、それを避ける為に在籍証明書の提出を義務付けています。

在籍証明書はどうやって入手するの?

在籍証明書は勤務先で発行してもらうことが可能ですが、会社側でフォーマットを用意しているところは少ないです。結婚相談所の中にはフォーマットを用意しているところもあるので、もしあるならそれを利用するようにしましょう。在籍証明書から以下の内容を確認することになります。

  • 氏名、性別
  • 生年月日
  • 住所
  • 採用年月日
  • 雇用期間、雇用形態
  • 役職
  • 勤務形態、勤務日数、就労時間、勤務地
  • 社印

結婚相談所の中には在籍証明書を提出しなくても、収入証明書と社員証を提出すれば対応してくれるところも増えています。在籍証明書の提出が困難な場合は結婚相談所に相談してみてもいいでしょう。

④収入証明書

1年間にどれくらいの収入があったのかを証明する書類が収入証明書になります。源泉徴収票の提出を求められるのが一般的ですが、2〜3ヶ月分の給与明細の提出でOKなところもあります。中には遡ること12ヶ月分以上の提出を求めてくる結婚相談所もあります。どれくらいの期間の収入証明が必要なのかあらかじめ結婚相談所に確認しておく方が安心です。

収入証明書はどうやって入手するの?

収入証明書は勤め先や区役所、市役所、町村役場で入手できます。役所で収入証明書を欲しい旨を伝えれば案内してくれるとは思いますが、収入証明書は正式な名称ではありません。「住民税納税証明書」「住民税納税通知書」というのが正式な名称なので、覚えておいたほうがいいでしょう。給与の支払い総額が記されているものを貰いましょう。結婚相談所にもよりますが、収入証明書は入会を希望する男性は提出義務がありますが、女性は提出しなくても問題ないところも多いです。

⑤本人確認書類

結婚相談所に入会する時に必要になる本人確認書類は氏名、年齢、性別、生年月日、現住所を確認することができる、運転免許証やパスポート、マイナンバーカード、健康保険証等のうちどれか1つになります。結婚相談所の中には、顔写真付きの本人確認書類じゃないと認めていないところもあるので、この点も事前確認しておいたほうがいいでしょう。

その他の必要書類

口座振替依頼書

結婚相談所を利用する際にかかる月々の費用等をご自身の口座から自動引き落としする場合に必要になる書類が口座振替依頼書になります。どのような支払い方法があるのかをあらかじめ入会予定の結婚相談所に確認しておくようにしましょう。

口座振替依頼書はどうやって入手するの?

口座振替依頼書(公共料金等)はあなたが口座を持っている銀行の窓口に行けば貰うことができます。基本的にはATMの近くに置いてある事が多いですが、発見できないようでしたら、欲しい旨を行員に伝えれば持ってきてくれます。ただ、口座振替依頼書は結婚相談所側で用意されていることもあるので、準備する必要があるかどうかを確認しておくといいでしょう。

公的資格証明書

持っている資格を証明する書類が公的資格証明書になります。税理士や行政書士や弁護士や医師等々、資格がないと就くことができない職業に就いている方が虚偽の報告をしていないかの確認の為に任意で提出を求められることがあります。
公的資格証明書は取得が難しいとされている国家資格を持っていてその職業に就いている方に提出を求められる傾向にあります。公的資格証明書の提出を義務付けしている結婚相談所はあまり多い方ではありませんが、もし医師や弁護士といった職業に就いているなら提出しておいた方がいいでしょう。というのも、
提出することで異性からの信頼を勝ち取ることができるからです。自分にプラスになると思われることはやっておいて損はありません。

公的資格証明書はどうやって入手するの?

各地方の法務局で収入印紙(600円)を収めることで公的証明書は入手することができます。直接、法務局に行かなくても電子申請にて手に入れることも可能です。

プロフィール用の写真

結婚相談所が提携しているスタジオを紹介されたり、ロケに出たりしてプロフィール用の写真を撮影することが多いですが、結婚相談所によってはご自身での撮影を求められる場合もあるので、確認の上、必要ならばスタジオで撮影しておくといいでしょう。

まとめ

結婚相談所へ入会するにあたり、どのような書類が必要になるかおわかりいただけたでしょうか?これらの書類の準備を進めていくことで、結婚相談所に入会する実感が沸いてくると思います。スムーズに入会するためにも準備は入念に進めておきましょう。









関連記事

  1. 年々増加している生涯未婚率について

  2. 結婚相談所でのお見合い料の相場について

  3. 気になる利用者の平均年収や入会の年収条件は?

  4. カウンセラーは何でも話せる相手です

  5. 在籍証明書は登録時に必ず提出しなければいけない?

  6. 交際に進んだ後に、交際を終了したいと思った場合は、自分からお相手に伝え…

PAGE TOP