年代別にみる結婚資金はどのくらい必要になるのか?









晴れて結婚が決まったら、挙式日を決めて、あとは結婚式の準備に追われることになります。
しかし新郎新婦の年代によって結婚費用が異なるという意見があります。
一体どのように異なるのでしょうか?

20代前半はささやかな結婚式で

20代前半で、まだ仕事を始めて間もない頃に結婚式をあげるとなると、ささやかな結婚費用しか用意できない可能性が高いので、ご祝儀の中から結婚費用をまかなうことになります。
自分たちで用意する費用も殆どありません。
実際、新郎新婦が負担している金額は平均で100万円と言われています。

20代後半から30代にかけては華やかな結婚式に

20代後半、30代にかけては仕事をまっしぐらにやってきて、貯金もそれなりに溜めてきている頃ですから、華やかな結婚式を行うことができそうです。
結婚資金も自分たちの貯金だけで賄うことができ、両親に頼らずとも豪華な式をあげることができるでしょう。

しかし、なんでもかんでもお金をかければ良いというものでもありません。

  • 確かに結婚資金がたくさんあるので豪華な式をあげるのは良いのですが、そこには思いがこもっていなければなりません。

  • ドレス、ヘアスタイルにこだわるのは良いですね。
    一生で一番耀けるのはウェディングドレスに身を包んだ時とも言われますから、ドレスやヘッドアイテムにはこだわりを見せても良いでしょう。

    さらに大人、30代後半のウェディングになるとゲストの顔ぶれも大人、内容も厳選されたものとなります。
    大掛かりな演出は避けて、ゲストも厳選され、少人数の結婚式になる可能性が高いです。
    しかし結婚資金はたっぷりありますから、豪華な料理を出すことなどに費用をあてる人が多いようですね。

    こうしてチェックしてみると20代前半はつつましく、華やかなのが20代後半から30代、30代後半からは再び厳かな式になるというわけです。
    年齢でチェックするとこのような結婚式になり、結婚資金も変わってきます。

    • 結婚式は他人のために行うものではなく、あくまで自分たちのためのものであると覚えておきましょう。

    • そうすれば、結婚資金が少なくても自分たちらしい式をあげることができます。


関連記事

  1. 恋愛経験の無い男性でも活動できますか?

  2. 本人がいなくても親だけで入会相談はできますか?

  3. 入会の相談に行きたいのですが、しつこく勧誘されたりしませんか?

  4. 大手の結婚相談所と地域の相談所はどこが違いますか?

  5. 結婚相談所の主なサポート内容について

  6. 恋愛に臆病になる恋愛引きこもりから脱却するには?

PAGE TOP