結婚相談所における自分の方向性について伝えること









結婚相談所ではプロフィールの中に自分が結婚する際希望する事など、方向性を伝える事も大切なポイントです。どういった結婚生活を送っていきたいか、人によって違いますので自分の意見を伝えましょう。

結婚相談所での方向性とは

結婚相談所で相手を探す際は、好みの相手の情報を探すと同時に自分の方向性も確かにする必要があります。例えば子供が欲しいか否か、親との同居の有無など結婚の際には様々な条件が付与されていきます。

男性で長男の場合、実家を継ぐ必要がある場合もありますし、家族状況によっては住居場所が限定される場合もあります。将来結婚した際にどういった生活になるのか、そういった方向性を示す事で結婚生活への想像は具体的になっていきます。

結婚後のビジョンなど方向性を示していなかった場合、良い出会いに恵まれてもその後にトラブルになる可能性もあります。結婚は長い間一緒に過ごすものですし、お互いの結婚生活に希望する内容などはよく話し合っておくべき内容です。

方向性を示す事で、選択肢は減ってしまう場合もありますが、結婚にまで至る可能性は低い相手とも言えます。実直に良い相手を探す為にも、方向性の提示は必ず行いましょう。

結婚相手を見つけにくい方向性とは

結婚相手を探す際は、喫煙の有無や年収制限、それに長男か次男か、年齢が自分より若いかなど様々な条件を出し相手を探していきます。この条件は年齢を重ねるごとに厳しくなっていく傾向があり、一定以上の年収を求めている場合や若い女性を求める場合など希望の条件に拘る人が多くいます。ただしこういった条件の異性は競争率も高く、その分相手を見つけにくいという結果になっています。

結婚相手を見つけやすい人は共に支えあっていく意識があり、収入など平均以上を求めないケースが多いです。希望が多くある場合、相手にとって条件のみで自分を見てくれない相手と思われてしまう場合もありますので、結婚相手を見つけにくくなってしまうのです。

結婚相手を探す際、自分の希望する条件や結婚生活の理想を伝える事は大切ですが、それに拘らずある程度の幅を持たせると結婚相手は格段に見つけやすくなります。条件だけでは相手の良い悪いはわからないものなのです。


関連記事

  1. 平均的な交際期間はどのくらい?

  2. 結婚における良縁について知っておきたい事

  3. 結婚相手に求める条件とは?

  4. 結婚が成立したら必要な成婚料について

  5. 初めての婚活には結婚相談所がお勧め?

  6. 婚活経験者からどんな話を聞き出すと良い?

PAGE TOP