事実婚が成立する条件とメリット・デメリット









事実婚についてここでは解説させて頂きます。事実婚というのは、内縁の妻という形で、法律によって限りなく婚姻関係にある妻と同じ様な扱いとなる状態の事です。

ですから、実際の夫婦生活に限りなく近い状態であるというのは言うまでありませんが、具体的にはどの様な成立条件が必要なのでしょうか。

事実婚の成立する条件とは

実は、内縁が法的に成立する為の条件は二つしか存在しません。一つ目は、当事者達に婚姻の意思があるのかという事です。こう言われても少し分かりづらいかもしれませんが、具体的に言うと例えば子供を認知しているという場合や、婚約の契りを結んでいるといったケースがそれに当たります。そして二つ目は共同生活を行っているという事です。

法的にはこれが条件という形になるのですが、実際に内縁を認めてほしいという形になると、婚姻の意思をはぐらかされたりといった形で公に認められないというケースがあります。

実際、私達はもう長く同棲をしているから内縁関係だよね、などと迫った所、結婚を考えた事は全く無いという形ではぐらかされ、実際に認められなかったという事はよくあります。

内縁関係を認めてもらいたいという場合、認められやすくなる事実が多ければ、それだけ有利となります。先ほどお話した、認知した子供がいたり、一緒に住んでいるという事ももちろんそうですが、それ以外に家計を一緒にしているという事実も有効です。また職場や家族・親族から夫婦と見られているという事実も、それを有利にする条件になります。

事実婚のメリットとデメリット

事実婚のメリットとしては、改姓を行う必要が無かったり、氏名変更の手続きを行う必要が無い事などがまず挙げられるでしょう。それ以外には、精神的に対等でいられたり、束縛など無く自由でいられるという事があります。

逆にデメリットとしては、理解を得るのが難しかったり、社会的に夫婦として認められないケースがあるなどといった事が挙げられるでしょう。


関連記事

  1. 会員の方の身元は確かな情報なのでしょうか?

  2. 結婚相談所はいつでも退会出来る?退会時の注意点

  3. 本人がいなくても親だけで入会相談はできますか?

  4. 会員登録で嘘をつくのはNGな点、気になる登録内容は?

  5. 入会から結婚までの期間は、おおよそどのくらいかかりますか?

  6. 婚期を先延ばしにする「先延ばし男」が増えている?

PAGE TOP