結婚相談所で婚活するメリットとデメリット!真剣交際は出来る?

「結婚相談所は自分で結婚相手を見つけられない人が行くところ。」「結婚相談所で婚活している事を周りに知られるのはイヤだ。」
・・・結婚相談所について、このようなイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、実は結婚相談所には真剣に結婚を考える人が登録しているため、結婚への近道とも考えられます。
こちらの記事では、結婚相談所での婚活のメリットとデメリットを、わかりやすくご紹介いたします。

結婚相談所は成婚率が高い

結婚したいと考えた時の婚活の方法には、具体的にどのようなものがあるか挙げてみましょう。

  • 合コンや街コン
  • ネット婚活
  • 婚活パーティー
  • 結婚相談所

これらの婚活の中で、最も結婚相談所が結婚に近いと言われています。
それはそれぞれの成婚率を見てみれば一目瞭然です。

  1. 結婚相談所   … 10%
  2. 婚活パーティー … 4~5%
  3. ネット婚活   … 2~3%
  4. 合コンや街コン … 1%

このように結婚相談所での成婚率は、他の婚活に比べ比較的高いと言えます。その理由として考えられるのは、結婚相談所に登録している人の結婚へ取り組む姿勢です。

まず高い会費を支払って結婚相談所に入会している人というのは、結婚に対する意識が真剣です。真面目に結婚相手を探している人しか登録していないと言っても過言ではないでしょう。

また入会には厳しい入会資格をクリアする必要があり、さらには独身である証明書を提出することも求められます。
一方、合コンや婚活パーティーではそこまでは求められていないため、単なる遊び相手を探しているような人もいるでしょう。

恋人を探しているとしても、すぐに結婚をしたいと思っているかどうかはわかりません。
ですから真剣に結婚をお考えの方にとっては、遠回りとなり時間やお金の無駄遣いになってしまう可能性もあるのです。
本気で結婚したいと考えている人には、合コンや婚活パーティーはお勧めはできない婚活方法です。

結婚相談所で婚活するメリットとは

あらためて結婚相談所で婚活することのメリットについて、考えてみたいと思います。

結婚相談所はどんな人でも入会できるわけではない

結婚相談所にもよりますが、その多くが厳しい入会審査を行っています。
入会審査が厳しいということは、その厳しい基準をクリアした人しか入会していないということです。
独身証明書はもちろん、収入証明などの提出を求める結婚相談所もあり、定職に就いていて安定した収入のある人が多いのです。

結婚を真剣に考えている人しか登録していない

先ほども少し触れましたが、結婚相談所には真剣に結婚を考えている人しか登録していません。
高い会費を支払い、多くの提出書類まで用意して入会するわけですから当然とも言えるでしょう。
合コンなどのその他の婚活では、参加者の結婚に対する気持ちがどの程度なのかまではわかりません。
せっかく気の合う相手と出会ったとしても、その人が結婚までは全く考えていないということもあり得ます。
しかし結婚相談所で出会った人は、全員結婚を意識してお相手探しをしています。
出会って気が合えば、即結婚を意識したお付き合いをすることが出来るのです。

出会う前にプロフィールを知ることが出来る

結婚相談所では出会う前にお相手のプロフィールなどを知ることが出来ます。
ですから最初から自分の求める条件に合ったお相手と、出会う事が可能になります。
条件の合わない方からお見合いの申し込みをされた場合でも、会いたくなければスタッフが断りを入れてくれますので、嫌な思いをするようなこともありません。

条件でお相手を探す事が出来る

自分にとって譲れない条件がある方もいると思います。
例えば地元に近い方がいい、同じ趣味の人がいい、身長はどのくらいなど、人によってお相手に求める条件は様々です。
結婚相談所ではそれらの条件を絞って、お相手を探すことが出来ます。

担当スタッフが成婚までサポートしてくれる

結婚相談所によってコンシェルジュやカウンセラー、仲人など呼び名は様々ですが、担当のスタッフがお相手選びから成婚までサポートしてくれるのも、結婚相談所での婚活の大きなメリットです。
交際がスタートした後もお悩みなどに対して第三者として的確なアドバイスをしてくれます。具体的には婚活計画を作成してくれたり、印象を良くするためにできること等を教えてくれるので、スムーズに成婚まで進んでいける可能性が高くなります。

結婚までの費用や時間に無駄がない

結婚相談所というと高い会費が必要で、一見費用が掛かると考えがちですが、効率面から言えばそうとも言い切れません。
結婚する意志が曖昧な相手と出会う可能性が高い合コンや婚活パーティーに何度も出るより、短期間に結婚を真剣に考えるお相手と出会った方が、結果的には費用が掛からない可能性もあります。

また結婚相談所では、お付き合いした相手とは基本的に3か月から6か月程度の間に結婚するかどうかの結論を出す必要があります。
そのため、だらだらとどっちつかずの交際が続くということはありません。

結婚相談所で婚活するデメリットとは

では次に結婚相談所で婚活することのデメリットについて考えてみたいと思います。

他の婚活に比べて費用が掛かる

合コンや婚活パーティーなどと比べて、結婚相談所は費用が高いことは否めません。
価格は結婚相談所によって様々ですが、概ね次のような費用が掛かります。

  1. 入会金・登録料
  2. 月会費
  3. お見合い料
  4. 成婚料

【入会金・登録料】
入会する際に必要となる費用です。
プロフィールを作成したりシステムへの登録料などの名目です。
5~10万円程度に設定する結婚相談所が多いようです。

【月会費】
結婚相談所に登録すると、専属のスタッフがお相手を探してくれたり、交際についてのアドバイスをしてくれたり、またお悩みがあれば親身になって相談に乗ってくれたりします。
それらに掛かる費用やシステムの使用料などを月ごとに支払います。
相場は5,000円から1万円程度です。
結婚相談所によっては、入会時にまとめて1年分の月会費を支払うところもあるようです。

【お見合い料】
お相手を紹介してもらい、双方が会ってみたいと思えばお見合い成立になります。
その際に発生するのがお見合い料です。
結婚相談所では、お見合いの場所や日程などの設定を担当スタッフが行います。

また、初めから二人きりで会うのは不安だという方には、スタッフがお見合いに同行してくれることもあります。
さらにお見合いをした後、お断りをすることになったとしてもスタッフが間に入って伝えてくれるため嫌な思いをすることもありません。
お見合い費の相場は5,000円から1万円程度です。

【成婚料】
成婚料とは、その名の通り結婚相談所での活動により成婚した時に支払う費用です。
結婚相談所によりまちまちですが、相場は5万円から30万円程度です。尚、成婚料が無料という相談所もあります。
成婚と呼ぶタイミングについては、それぞれの結婚相談所で設定が違うので、事前に確認しておくと良いと思います。

男性は他にもお金が掛かる

お見合いの時のお茶代は男性が支払うのが原則です。
仲人などのスタッフも同席の場合は、その方の分も男性が支払います。
お見合い場所は、ホテルのラウンジなどが最もポピュラーであり、コーヒー代の相場としては、一杯1,000円程度と考えておきましょう。

また交際に進んだ際のデート代も、毎回とは言いませんが男性が支払うことが多くなるようです。
少なくとも初デートでは、男性が支払うのがマナーといえます。
女性からしてみるとケチな男性とは結婚したくないと思っているものです。
しかしながら女性側も男性に払ってもらって当然という態度は、男性からの印象は悪くなります。
覚えておいてください。

結婚相談所に登録したからといって必ず結婚できるとは限らない

結婚相談所に高い費用を支払い、登録したからといって、確実に結婚できるわけではありません。。
成婚にたどり着くには各人の努力が必要になります。

お見合いが出来ないこともある

結婚相談所に登録しても、お見合いというスタートラインになかなか立てない人もいます。
結婚相談所では最初に条件や写真などで相手を判断することになるため、その段階で選ばれない人も残念ながらいます。

結婚相談所に行く必要がある

どんなに忙しい人でも、少なくとも1回は結婚相談所の事務所に出向いて、スタッフと面接する必要があります。
電話やメールのみで入会することは出来ません。

入会時に提出する書類が多い

多くの結婚相談所では、入会時に次のようないくつかの書類の提出を求めています。

  1. 独身証明書
  2. 収入証明書
  3. 卒業証明書
  4. 在籍証明書

【独身証明書】
独身証明書は基本的にどこの結婚相談所でも提出を求められるでしょう。
読んで字のごとく、独身だという事を証明する書類です。
本籍地のある市区町村役所で発行してもらいます。

【収入証明書】
特に男性が求められる書類です。
サラリーマンの方は源泉徴収票や給与明細、自営業の方は確定申告書の控えなどを用意します。

【卒業証明書】
最終学歴を証明する書類です。
出身学校が発行する書類ですが、わざわざ足を運ばなくても電話やインターネットで申し込み、郵送してくれる学校もあります。

【在籍証明書】
在籍している職場の証明書です。勤務先で発行してもらえます。

結婚相談所のタイプ

結婚相談所にはタイプがあります。それぞれのタイプで料金やサービス内容等が異なってきます。あまり気にせずに入会してしまうと入会後に「こんなはずじゃなかった・・・」と後悔することになりかねません。
それぞれ特徴がありますので、自分に合ったタイプを選ぶようにしましょう。

仲人型

一人一人に専属のアドバイザー(仲人)が付き、出会いから成婚まで親身になってサポートしてくれます。
一人での婚活が不安な方にお勧めです。

    【仲人型の料金目安】

  1. 入会金・・・10万円程度
  2. 月会費・・・1万円程度
  3. お見合い料・・・1回につき1万円程度
  4. お見合いパーティ参加料・・・1回につき1万円程度
  5. 成婚料・・・20万円前後

データマッチング型

結婚相談所に登録している人の中から、自分の条件に合った人をコンピューター(パソコン、スマホ、タブレット等)を使って検索します。
データマッチング型は登録する際に、年収や職業(会社名)、最終学歴等の情報が必要になるので、検索時に相手の情報を細かく知ることができます。
仲人型の結婚相談所と比べて、登録者数は断然多いので、多くのマッチングが期待できます。
データマッチング型でもアドバイザーが付くところもありますが、基本的には自分自身で婚活を進めていくのが一般的です。
自分次第のところが大きいので、途中で投げ出してしまったりしないように、強い意志が必要になります。

    【データマッチング型の料金目安】

  1. 入会金・・・20万円程度
  2. 月会費・・・1.5万円程度
  3. お見合い料・・・かからない
  4. お見合いパーティ参加料・・・1回につき5,000円程度
  5. 成婚料・・・5万円程度(中にはかからない所もある)

インターネット型

無料で登録ができ、結婚を少なからず意識したユーザーが登録しているのがインターネット型になります。仲人型やデータマッチング型に比べて、上記でも紹介した入会に必要な書類(独身証明書、収入証明書、卒業証明書、在籍証明書等)の提出は義務付けられていないので、信頼度は落ちる傾向にあります。イメージとしては出会い系サイトよりは信頼性が高いといった感じです。
とは言え、無料で登録ができ、月に掛かってくる費用も数千円程度なので、あまり深く考えずに利用できるため、仲人型やデータマッチング型の結婚相談所に入会する前に利用する方も多くいます。
インターネット型はアドバイザーが付くことはないので、すべてを自分でこなしていかなければなりません。登録する際に詳細情報を必要としないので、相手の情報を事前に知ることができないので、データマッチング型と比較してさらに婚活に対して強い信念を持って活動しないと成婚どころか出会うことさえも困難です。

    【インターネット型の料金目安】

  1. 入会金・・・かからない
  2. 月会費・・・2,000円~5,000円程度
  3. お見合い料・・・かからない
  4. お見合いパーティ参加料・・・実施していない
  5. 成婚料・・・かからない

結婚相談所での成婚までの流れ

では次に、結婚相談所への入会から成婚までのおおまかな流れをご紹介したいと思います。

  1. パンフレットやホームページなどを見て入会する結婚相談所を探す。
  2. 気になる結婚相談所が見つかったら、資料を請求。無料カウンセリングを申し込む。
  3. 無料カウンセリングを受けた結婚相談所の中から、入会するところを決める。
  4. 入会に必要な書類を準備する。
  5. 入会手続きをする。
  6. 担当のカウンセラーとの面談の上、プロフィールを作成。
  7. 結婚相談所のシステムで、希望に合った相手を探す。
  8. 会ってみたい人が見つかったら、お見合いを申し込む。
  9. お見合いの申し込みがあったら、受けるまたはお断りする。
  10. 双方が合意したらお見合いに進む。
  11. 担当のカウンセラーにお見合いの報告をする。
  12. 双方がOKしたら仮交際に進む。
  13. お相手の連絡先をカウンセラーから教えてもらう。
  14. 双方が結婚に向けてお付き合いしようと思ったら真剣交際に進む。
  15. プロポーズして成婚。

結婚相談所の選び方のポイント

どこの結婚相談所に入会しようかと考えた時、どんなことに気を付ける必要があるのでしょうか。
成婚率はもちろん大事なポイントではありますが、それだけで選んでしまうと後で後悔することにもなりかねません。
サービス内容や価格などもよく検討し、自分に合った結婚相談所を選ぶことが大切です。

サービス内容で選ぶ

自分の性格やどんなことをサポートして欲しいのかを考えてみましょう。
例えば異性とはあまり話をしたことがない方や、人見知りの方などは、お見合いにカウンセラーが同席してくれてサポートしてくれる結婚相談所がよいかもしれません。

逆に積極的な性格の方で二人で話すのは問題ないが、出会いの機会がないから相手を探したいというような方には、データマッチング型の結婚相談所の方が合うのではないでしょうか。
自分に合ったサービスをしてくれる結婚相談所を選ぶようにしてください。

価格で選ぶ

いくら素晴らしいサービスをしてくれる結婚相談所だとしても、会費などの費用を支払い続けることができないところでは活動を続けるのは難しいでしょう。
結婚相談所での成婚まで、トータルでいくらくらい掛かるかをよく考えてから入会する必要があります。
特に男性側は交際ではデート代を持つことも多く、女性に比べて負担する額は大きくなる傾向にあります。

また、めでたく成婚の暁には、婚約指輪なども用意することになるでしょう。
その時になって、婚活に使いすぎてお金がない、となっては本末転倒です。
費用を抑えるひとつのヒントとしては、お見合いをしすぎないということがあります。

もちろんプロフィールだけではわからないこともあるので、多くの方と会ってみるのは悪いことではありません。しかし、その度に多くの費用がかかり、結果婚活を続けられなくなったら意味がありません。
カウンセラーの方は「まずは会ってみて」と会うことをすすめるかもしれませんが、もし気乗りしない時には断ることも必要です。

結婚相談所で成婚する秘訣

結婚相談所で成婚するための秘訣を、ベテラン仲人の方に聞いてみるとアドバイスは次の二つだそうです。

  • なるべく多くのお相手と会う。
  • お相手の良いところを探すようにする。

だいたい20人くらいの異性と会うと、運命の相手と出会える確率も上がるようです。
人と人との出会いには相性がありますから、一緒にいて楽しいと思えるお相手を探しましょう。
また、結婚相手を探すとなるとついお相手の嫌な所やダメな所を探しがちですが、そうなるとなかなか良いご縁には巡り合えません。
100点満点からの減点ではなく、0点からの加算方式でお相手を見るようにしましょう。

まとめ

結婚相談所には真剣に結婚を考えている人が集まっていますので、効率よく結婚相手を探す場所としては最適と言えます。
独身証明書の提出が義務付けられていますから、つき合ってみたら実は既婚者だったなどということは絶対にありません。
ただし、結婚相談所に入会したからといって確実に結婚できるという保証はないということも知っておく必要があるでしょう。

高い費用を支払っただけですぐに結婚に結び付くわけではないのです。そこには自分の努力も必要になりますし、またご縁や運という部分もあるでしょう。
それは成婚率100%が存在していないことでもわかります。
結婚相談所にもデメリットがあることを忘れずに、自分に合った婚活方法を見つけてください。

監修者(粂美奈子)のコメント

結婚相談所には敷居の高さを感じる人も少なからずいらっしゃると思います。ですが、最近では結婚相談所を利用して幸せな結婚をした人も増えつつあり、ネガティブなイメージは払拭されつつあります。
かつてのように知り合いからの紹介という手段が少なくなっている現在、真剣に結婚を考えるのなら結婚相談所の門を叩くのもありではないでしょうか。
数多くの結婚相談所がありますので、入会の際にはいつくかの相談所を訪れ、自分のフィーリングに合うところかどうか確かめることをお勧めします。

監修者(粂美奈子)プロフィール









関連記事

  1. 結婚相談所をお勧めする理由

  2. 成婚率の高い結婚相談所

  3. 中高年やシニアの方の利用方法

  4. 離婚経験のある男性について

  5. 結婚相談所でモテる男性について

  6. 結婚相談所を掛け持ちするメリットとデメリットについて

PAGE TOP