結婚相談所での成婚とは

結婚相談所では、成婚に向けてどのくらいのサポートがあるのか気になる方も多いと思います。
また婚活のイメージは湧いても、その先の成婚や結婚のイメージがまだつかめないという方もいるのではないでしょうか。
こちらでは、結婚相談所での成婚の定義や知っておきたい事についてお伝えいたします。

成婚の定義

実はそれぞれの結婚相談所によって、成婚の定義は異なります。
特に規定はないのです。
主に成婚とされるタイミングは次のような場合です。

  • お互いに結婚の意志が決まった。
  • プロポーズした、またはされて了承した。
  • お互いの両親に挨拶に行った。
  • 婚約した。

データマッチング型の結婚相談所では、お互いに結婚の気持ちがある真剣交際になった時点で成婚とするケースが多いようです。
一方仲人型の結婚相談所では、婚約やその先までサポートが続くところもあります。
婚約のその先とは、例えば結婚式までのサポートをしてくれる相談所もあります。
結婚式も初めてという人がほとんどですので、経験豊かなプロがアドバイスしてくれるというのは、とても心強い事だと思います。

成婚費用の違いは

結婚相談所によって、成婚料があるところとないところがあります。
一見、成婚料がない方がお得なようにも感じるかもしれませんが、一概にそうとは言えません。
成婚料のある結婚相談所では、長い期間活動してもらうよりも、会員のためにもできるだけ早く最適なお相手と出会って、成婚に結び付けるようなサポートを行います。

婚活が長引くと、本来の目的を見失う人が多くなる傾向にあります。
結婚が目的で入会しているはずなのに、お見合いを受けてもらう事や、デートにつなげる事など、目先の事だけに力を入れるようになってしまうケースが散見されます。

いくら活動していても、成婚という結果に結びつかなければ意味はありません。
結婚相談所に入会すれば絶対結婚出来るはずだという考えや、どこの結婚相談所に入会しても同じだろうというような考えではなく、自分の婚活や成婚をしっかりイメージ出来るような結婚相談所を選んで入会する事が大切です。

成婚までの流れ

成婚退会までの流れについては、結婚相談所によって様々なパターンがあります。
プロポーズをする、またはされてお互いが結婚の了承をしてから、担当者に双方同時に申し出があるパターンや、男性か女性どちらか一方が担当者に成婚の意志を伝え、もう一方に意志の確認をするパターンなど様々です。
専任のカウンセラーが付く相談所では、プロポーズするタイミングや演出についても相談に乗って、アドバイスしてくれるところもあります。
そして無事成婚が決まれば、成婚退会の手続きに進む事になります。

成婚退会の前に

当然のことながら、結婚してから生活を共にしていくのはご本人同士という事になります。
成婚時には、結婚について具体的に考えているカップルもいれば、まだ夢を見ているようで地に足が付いていないようなカップルもいますが、まずは価値観や結婚観にずれや相違点がないか、成婚退会する前にじっくり話し合う機会を持つ頃をお勧めします。
少なくとも、次の5つのポイントについては意見を合わせておく必要があります。

  1. 住むところについて。
  2. 親・家族について。
  3. お金について。
  4. 子どもについて。
  5. 仕事・家事について。

切り出しにくい時には、担当のカウンセラーに相談してアドバイスをもらってから話しをするとよいかもしれません。
ただし、1から10まで全てカウンセラーに頼り切っていると、成婚退会して2人だけになった時に、どうしていいのかわからず戸惑ってしまう可能性があります。
自分で決めるべき場面では、しっかりと決断する事も必要です。

成婚退会後の婚約破棄

考えたくない事ではありますが、実際に成婚退会した後に婚約破棄となってしまうケースはあります。
例えば次のような場合です。

  • プロポーズ前の真剣交際中に成婚退会した。
  • 結婚してからについて話し合いが出来ていなかった。
  • 隠れていた部分が見えてきた。
  • マリッジブルーになった。

これらは、結婚相談所で出会ったカップルでなくてもあり得る事でしょう。
そうならないためには、先程ご紹介した5つポイントについてしっかい話し合っておく事や、頼るべきところではプロのアドバイスを参考にする事が大切です。

まとめ

成婚についてご理解いただけたでしょうか。
これらを参考に、ご自分の成婚のイメージをしっかり描き、有意義な婚活を進めていきましょう。









関連記事

  1. 結婚相談所ですぐに決まる人

  2. 結婚相談所の選び方や加盟している連盟について

  3. 性格に適した結婚相談所の選び方

  4. 結婚相談所を選ぶ時にチェックするポイント

  5. 結婚相談所、そのメリットデメリット

  6. 中高年やシニアの方の利用方法

PAGE TOP