結婚相談所の費用は?料金の相場はこのくらい

結婚相談所では多くの費用が掛かるというイメージがあるかもしれませんが、その相場はどの程度なのでしょうか。

結婚相談所のタイプ

結婚相談所の料金のお話をする前に、まずは結婚相談所には2つのタイプがあるというご説明をする必要があります。
1つは「仲人型」そしてもう1つが「データマッチング型」というものです。
どちらも結婚相談所と言われていますが、サービスの方法や料金の設定、またお相手との出会い方も、大きく異なっています。
それぞれの特徴についてご説明いたします。

仲人型の結婚相談所

仲人型と呼ばれる結婚相談所では、入会すると1人1人に専任のスタッフが付きます。
プロフィール作りからお相手探し、そしてお見合いの仲介や交際中のアドバイスまで、成婚までの過程を手厚くサポートしてくれます。
スタッフの人件費が掛かるので、費用は高めの所が多くなります。
個人経営や小中規模の結婚相談所に多く、婚活の初心者や異性とのお付き合いに慣れていない方に特にお勧めと言えるシステムです。

データマッチング型の結婚相談所

データマッチング型の結婚相談所では、結婚相談所のデータベースに自分が希望するお相手の条件を登録して、お見合いのお相手を検索するシステムを取り入れています。
会員の数が多い大手の結婚相談所で多いシステムであり、スタッフのサポートは少ない傾向にありますが、自分でお相手を検索して探して、お互いにマッチングすればお見合いに進む事ができます。
それに加え、結婚相談所主催のイベントや婚活に役立つセミナーなどの開催も行っている所もあります。

結婚相談所にかかる費用

では結婚相談所の料金の相場について、具体的に解説したいと思います。
結婚相談所でかかる費用には、一般的に次のようなものがあります。

  • 入会金
  • 初期費用
  • 月会費
  • お見合い料
  • イベントやセミナー参加費
  • 成婚料< /li>

これらは結婚相談所によって名称は異なりますが、概ね内容的には同じです。
それぞれについてご説明します。

入会金・初期費用

入会金とは、その名の通り結婚相談所に入会する際に支払う料金の事です。
結婚相談所によっては登録料と言う名称のこともあります。
入会金は20代の女性やシングルマザーなどが、割引されるキャンペーンを行う事も多いです。
そして初期費用と言うのは、新たに会員になるために必要な料金です。
プロフィールを作成して登録したり、IDを発行したりするための、事務手続き費用として請求されます。
結婚相談所によっては、活動初期費用などと呼ばれる事もあります。
この部分は、結婚相談所によって大きな料金の幅があります。
入会金と初期費用を別々に請求する所や、初期費用は無料でその分入会金が高くなっている所もあります。

月会費

月会費とは、結婚相談所で活動するにあたり毎月掛かってくる料金です。
月会費の相場としては、10,000円から30,000円程度です。
活動を続けている間は月会費は掛かりますが、仕事が多忙で活動できなかったり、婚活に疲れて休みたいという時には、休会のシステムがあり、その間は月会費が割引される結婚相談所がほとんどです。
しかし中には休会システムのない結婚相談所もありますので、入会する際にはしっかり確認するようにしましょう。

お見合い料

お見合い料と言うのは、お見合いをセッティングしたりサポートしたりする際に請求される料金です。
お見合い1回当たり5,000円から10,000円程度が相場です。
仲人型の結婚相談所では、担当のスタッフから紹介されたお相手とお互いがOKして会う事になったら、お見合いが成立します。
そしてデータマッチング型場合には、自分が検索した条件の合うお相手にお見合いを申し込み、お相手からOKをもらえればお見合いに進みます。
結婚相談所によって、お見合い料が掛かる所とそうでない所があります。

パーティーやイベント・セミナーの参加費

結婚相談所によっては、仲人からの紹介や検索システムでのマッチングの他にも、婚活パーティーやイベントを開催して、出会いのチャンスを広げている所もあります。
これらの費用は、月会費に含められているケースもありますが、別途支払うケースもあります。
また、結婚相談所では婚活や結婚に関するセミナーや、ブラッシュアップのための講座などを行っている場合もあります。
これらも無料のケースと有料のケースがあります。

成婚料

成婚料は、お互いが結婚する意志を固めて、結婚相談所を退会する時にかかる料金です。
成婚料は男性も女性も同額を支払います。
成婚の定義や、成婚料を支払うタイミングなどは結婚相談所によって違います。
データマッチング型の結婚相談所では、スタッフのサポートは少ない傾向なので、無料のところが多いようですが、仲人型の結婚相談所での成婚料の相場は、50,000円から300,000円と大きな幅があります。

その他の料金

以上にご説明した費用は、どこの結婚相談所でも概ね掛かるものですが、その他にもそれぞれのプランによってオプション料金を請求される事もあります。

例えば「サンマリエ」では、お見合いの際に対面の場合10,000円、ネットでのお見合いだと7,000円、そしてお互いが気に入って交際に進む際には連絡先交換料として4,000円が掛かります。
また「エル・エル・ブライダル」では、自分のプロフィールを目立つ所に掲載できる「ピックアップ」や、お見合いにスタッフに同席してもらいたい時の「お見合い立ち合い・同席」と言ったオプションが用意されており、それぞれ料金が掛かってきます。
知らないうちに費用が大きくなってしまわないように、入会前の資料請求や無料相談などで、しっかり下調べをしてから、登録するようにしましょう。

コストパフォーマンスを意識する

費用を掛ければ掛けるほど、婚活が上手くいくかと言えば、残念ながらそんなことはありません。
1年間の契約期間中に、早期の成婚を目指して積極的に活動するのと、2年の契約で余裕を持ってのんびりと活動するのでは、かかる費用も大きく変わってくるでしょう。
結婚相談所を利用する際には、費用対効果を意識する事が大切です。
自分が結婚相談所に掛けられる費用を明確にして、その中で最大の効果を出すにはどうしたら良いのか考えるのです。
例えば月会費は掛かるけれどお見合い料は無料の結婚相談所と、その逆の結婚相談所があったとしたら、自分が毎月何人くらいの人とお見合いしたいのかで、どちらが得になるか計算できると思います。
結婚相談所の無料相談などを利用して、自分に一番合う婚活プランを立てると良いでしょう。

結婚相談所の費用の相場と準備するお金

ここまでお話したように、仲人型かマッチング型かの違いの他、それぞれの結婚相談所によって、かかる費用は大きく異なっています。
おおまかな相場としては、300,000円から500,000円程度と考えておくと良いと思います。
これを高いと思うか安いと思うかは、価値観によって違うと思います。
婚活というのは、人生を共に歩むパートナーを見つける大事な事ですので、結婚相談所側としても高めな料金設定にしているとも言えます。
料金が高ければ、それだけ結婚に対する真剣度も高い人が集まるとも考えられます。
結婚相談所を選ぶ時には、それぞれの結婚相談所のタイプはもちろん、料金プランやサービスの内容、オプションの有無などを細かくチェックして、料金に見合う成果が得られそうかどうか、見極める事がとても大切です。

まとめ

結婚相談所でかかる費用やその相場についてご紹介してきました。
結婚相談所を選ぶ際に料金はどうしても気になります。
しかし料金設定が結婚相談所によって様々で、一見すると安く見えても実際はそうではなかったり、もちろんその逆の場合もあり、わかりにくいのが現状と言えます。
安そうだからと選んでも、活動を始めたらそれぞれに費用が発生して、結果高くなってしまったというような事にならないように、入会する間にしっかりチェックしましょう。
料金とサービスが見合っているか、コストパフォーマンスを意識する事も大切です。
勢いで結婚相談所を選ぶことはせずに、十分に検討することをお勧めします。


関連記事

  1. 結婚相談所でスピード婚はできるのか?

  2. 入会や登録する際の必要書類

  3. 結婚相談所のサポートサービスについて

  4. 40代の方が成婚する為の基礎知識

  5. 結婚相談所選びで大切な情報集め

  6. 用意する写真は超重要


新着記事

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP