年下男性とのデートの際、支払いはどちらが払う?割り勘ってあり?

(文:結婚相談所の初心者ガイド編集部 / 監修:コラムニスト・ひかり)

気になる年下男子とのデートのとき、支払いに迷うものですよね。「年上である自分がするべき?」それとも「男性である相手に任せるべき?」もしくは「割り勘がいいの?」とお悩みの女性も多いのではないでしょうか。

今回はそんな「年下男性とのデートでの支払い」についてどうすべきかを、結婚相談所の初心者ガイド編集部が考えていきます。

年下男性とのデート 支払いはどちらが払う?

多くの女性が、相手が年下だと、「年上の自分の方が収入はいいから、おごってあげた方がいいのでは?」と考えることもあるでしょう。

でも、たとえ年下であっても、“男性としてのプライド”があるもの。会計のときの相手の様子を見つつ、彼がおごろうとしているときは、甘えた方がいいでしょう。

特に年下男性の方があなたに対してアプローチをしてきたのであれば、背伸びをしてあなたに認めてもらいたいと思っていることもあるもの。

そんなときに女性側がリードしすぎて、スマートに支払いをすませてしまうと、彼としては「年下だから、頼りないと思われているのかもしれない」と落ち込んでしまいます。

支払いはもちろん、デート中もあまりリードしすぎるのではなく、ある程度は相手に任せることが重要。もし彼がさっと財布を出してくれたのであれば、あまり意固地に「年上だし、私が払うよ」なんて言ってしまうと、相手のプライドを傷つけてしまいます。

特に男性側が頑張って見つけたお店や、懇意にしているお店であるなら、相手のやり方に任せることが大切です。もし奢ってくれるのであれば、素直に甘えてごちそうしてもらいましょう。

もし2軒目に行くときは、自分が出すのはアリです。

これだったら、彼のプライドも傷つけず、また金銭的負担をかけすぎてしまうことはありません。

またご飯をご馳走してもらった次のデートでは、ハンカチとかお菓子とか、ちょっとしたものでいいので1000円程度のものを「この間のお礼」といって渡すと、彼に喜んでもらえるでしょう。
奢ってもらうのは当たり前という態度ではなく、ちょっとした気遣いが大切なのです。

そもそも、デートで割り勘ってあり?

デートであっても「割り勘がいい」と思っている人もいれば、「男が奢るもの」だと考えている人もいます。それは男女限らず、人によって、その感覚はさまざまです。

もし自分は割り勘でいたいタイプなのであれば、「次も気軽にご飯に誘いたいから」というような一言を付け加えるといいでしょう。

この場合、相手も気兼ねなく割り勘に応じやすいですし、「次のデートの機会もあるのだ」とうれしくなります。

プライドがあってお金があまりなくても、「男性の自分が払うこと」にこだわる人も意外といます。そんなときに相手のプライドを傷つけずにスマートにお金を出せるようになることは、年上女性としては重要なスキルだと言えるでしょう。

相手にとって、魅力的で手放せない女性になるためにも、会計のときこそ、相手に気遣い、スマートに動ける女性になりましょうね。

まとめ

今回は「年下の男性とのデートの際に支払い」について紹介しました。
支払いの場面で一番大切なのは、相手のプライドを傷つけないこと。もし彼が払ってくれるのであれば、素直にそのご厚意を受け入れ、きちんとお礼を言って喜ぶことが、相手にとっても喜びになります。

ただし、デートを重ねていくにつれて、毎回おごってもらうのと相手に負担がかかってしまうので、たまには自分が出したり、割り勘にしたりしましょう。

ぜひ、年上女性らしい余裕のある対応を心がけてみてくださいね。

監修者(コラムニスト・ひかり)のコメント

お金の価値観は人それぞれなので、相手の様子を見て、自分の動きを決めた方がいいものです。ある男性にとっては、「お金=エネルギー=男らしさ」だから、自分の男としての魅力を見せたい場合もありますし、ある男性にとっては、女性と対等でありたいから、むしろ“割り勘を好む女性”を求めることもあります。

結婚したら特に、「お金の価値観が合うかどうか」は、重要なポイントとなるので、今のうちに彼とお金の感覚が合うかどうかは、よく見ておくといいかもしれませんよ!

監修者(コラムニスト・ひかり)プロフィール









関連記事

  1. 結婚相談業とは

  2. 結婚相談所の歴史と結婚観の変化

  3. 大手の結婚相談所

  4. 女性の結婚と結婚相談所

  5. 地域密着型の結婚相談所

  6. 恋愛におけるコミュニケーション術とは

PAGE TOP