結婚における男女の価値観をどうやって合わせていくのが良いのか?

とても仲が良くて、ラブラブなカップルでも時には価値観のすれ違いというものが生まれてきます。
これは人間であれば当然のことなので、自然なことだと思っておいたほうが良いですね。
しかし結婚において価値観は合わせておいたほうが良いでしょう。

こんな結婚式にしたい、こんな結婚生活を送りたい、という意見は一致したにこしたことはありません。

結婚観の違いとは?

交際して数年もたつのに、何故か彼から結婚の話が出てこない・・・とやきもきしている女性も多いのでは?
男性はその場の事実、結果を瞬時に判断して行動する傾向があります。
ですから、長い目で見る結婚と言うものにあまり親近感がないと言えます。
一緒にいても疲れない関係が続くのが理想的、仲が良いのはよいが、相手を尊重して時にはプライベートの時間も持ちたい、というのが男性の意見のようですね。

つまり、男性は結婚という名のもとに束縛されるのを嫌っているのです。ですからなかなか結婚の話が進まないのでしょう。

自分の意見をおしつけないことが重要

さて、では男性に結婚を意識してもらうにはどうしたらよいのでしょうか。

それはまず第一に自分の結婚の価値観を押し付けてしまわないことが先決です。

一般的に人は自分と違うものに惹かれる、と言われます。

男性は理性的、女性は感情的だと言われる様にお互い違うからこそ惹かれあうのです。
結婚相手に求める条件として価値観の一致とありますが、本当に価値観が一致しているカップルというのはあまりいないのです。

結婚に関しても、男性は気軽にのんびり考えているところを、女性にせかされるようになると面倒臭くなってしまうのです。

お互いの価値観をスムーズに合わせていこうと思うのなら、しっかりした話し合いが必要です。
例えばお金の話であるなら夫は趣味に使うお金を自由に金額を決めて、妻は文句を言わない。
妻はその他の金銭管理を一切任せてもらい、夫は一切文句を言わない。

これを活用して結婚に活用すると良いでしょう。

価値観を押し付けあうのではなく、すりあわせていくことが大切なんですね。









関連記事

  1. スピード婚をするときに事前に注意しておきたい事とは?

  2. 良く聞く肉食系女子は本当に増えている?

  3. 婚活で大事なのは囲み込み漁?婚活における行動

  4. 婚活時にうまく直接連絡を取るコツについて

  5. 結婚相談所の利用・婚活におけるマナー

  6. バツイチは結婚相談所では不利なのか?対策ポイントは?

PAGE TOP