堅苦しいお見合いは嫌なのですが、大丈夫でしょうか?









堅苦しいお見合いは息が詰まって何かイヤ・・・と思っている女性は多いでしょう。
お見合いと聞くと、仲人や両親がおり、そんな中会食が進んで、あとはお若い2人で・・・というようなイメージがあると思います。
しかし結婚相談所のお見合いは若干そういう堅苦しいものとは異なるのです。

気軽にカフェなどでできるお見合い

結婚相談所のお見合いと言っても、普通の恋愛と同じように結婚へのプロセスは変わらないのです。
ですから、お見合いも両親の付き添いはありませんし、希望がなければアドバイザーの付き添いもありません。
昼間のホテルのロビーなどでお見合いを行うことになります。
またはカフェなどでお見合いをすることもできます。
お茶、食事などをして、フィーリングが合えば交際が開始となりますし、お断りする場合は結婚相談所を通して断ることができます。

次の約束は結婚相談所を通してから

結婚相談所のお見合いとは、いわゆるデートのようなものだと考えておけば良いでしょう。

気軽に、世話人もおらず、大人がついてくることもありませんので、自由に話をすることができますし、聞くこともできます。

しかしその場でフィーリングがあっても、本人同士で連絡先を交換することは禁止されている結婚相談所もありますし、次の約束も結婚相談所を通して行う、というところもあります。
その点はしっかり資料を見て確認しておきましょう。
最近では色々なお見合いの形も増えてきており、実際お見合いになった場合、どのような服装やマナーであったりするのかをレクチャーしてくれる結婚相談所もありますから、安心してお見合いに挑むことができます。

またシングルファザーやシングルマザーで子持ちの場合、子供同伴でお見合いができるという結婚相談所もありますから、子供がいるけれど・・・と躊躇している女性も、堂々とお見合いをすることができます。
または、子供はその間結婚相談所があずかってくれるというケースもありますから、その点もアドバイザーに直接聞いておくと良いです。

このような結婚相談所の資料請求はインターネットで一括で行えるようになっています。1社1社取り寄せなくても一度に色々な結婚相談所の資料を取り寄せることができますから、比較検討しやすいのが特徴です。

また頻繁に電話連絡がかかってこないのも嬉しいです。
インターネットを活用して資料は請求しましょう。
その中で理想的な結婚相談所があり、自分に合いそうだ、と思うのであれば、入会を決めたり、掛け持ちもOKです。


関連記事

  1. シングルマザーの結婚相談所・婚活における注意点と対策

  2. 現在の結婚における結納についての認識・考え方

  3. 気に入った相手に連絡先を上手に聞き出すには

  4. 結婚相談所の世の中のイメージは一般的にどう?

  5. 熟年ですが、結婚は可能でしょうか?

  6. 気になる利用者の平均年収や入会の年収条件は?

PAGE TOP