結婚相談所の成婚率の実態は?









結婚相談所への入会を検討する際に、比較する項目のひとつに「成婚率」があると思います。成婚率とはその名の通り、結婚相談所に入会していた人が、結婚が決まって退会した人の割合です。

この数字はどの程度信頼できるものなのか、気になる方も多いと思います。こちらではこの「成婚率」について、詳しく調べてみたいと思います。

結婚相談所の公表する「成婚率」とは?

まずは成婚率の計算方法について調べてみましょう。

その計算方法には、明確な基準があるのでしょうか?

経済産業省の調査によると、

結婚相談所を利用して実際に結婚した人の割合は、男性8.4%、女性10.1%となっています。

計算式は「成婚者数」÷「会員数」です。

結婚相談所の各事業者からの回答の平均値を使用しているため、これは結婚相談所業界の平均と考えられます。
この調査での成婚率は「暫定成婚率」と呼ばれています。
なぜなら、実際に結婚した会員の数を正確に把握するのが難しいという事と、いつ時点の会員数を母数にするかなど、確定成婚率とは言えない事情があるからです。

成婚率の計算方法に、明確な基準などはないという事のようです。

実際の成婚率の計算方法

では、成婚で退会した人の数を20名と仮定して、算出方法の違いによってどのような差が出来るか見てみたいと思います。

計算式は20名 ÷ 会員数となります。

この時、分母となる会員数が何人であるかによって、成婚率が変わるのは当然です。
条件は次のように設定します。
【成婚率算出のサンプル人数】

  1. 現在までに入会した総人数  … 200名
  2. 算出期間中の登録人数            … 100名
  3. 成婚退会の人数+その他の理由での退会者30名 …  50名

【ケース1 成婚退会者20名 ÷ 総入会者数200名 = 10%

【ケース2 成婚退会者20名 ÷ 算出期間中の登録人数100名 = 20%

【ケース3 成婚退会者20名 ÷ 総退会者50名 = 40%

このように、どの人数を分母として採用するかによって、成婚率は大きく変わってくる事になります。
しかもどの数字を使わなければいけないというような、決まりもないのです。
決まりがないのであれば、当然高い成婚率となる計算方式を用いて計算し、それを公表する方が宣伝効果としては有効という事になるでしょう。

成婚率が高い結婚相談所に入会するのは効果的か?

ここまででおわかりのように、成婚率は使われる分母の人数によって大きく異なったものになります。

多くの結婚相談所では、上の例ではケース3の「成婚者数÷総退会者数」で計算しており、成婚率は50~60%と公表しています。
まれに現在の会員総数を分母として計算している結婚相談所もあり、そのようなところの成婚率は30~35%程度となっていました。

今回の調査で分かった事は、成婚率を公表している結婚相談所の数字は、概ね50~60%であり、どこも大きな違いはないという事です。

実際には計算方法によって、大きく成婚率は下がる可能性があるという事も念頭に置いておきましょう。
一般的な婚活サービスでの成婚率が10%程度と考えると、総入会者数で成婚率を出している結婚相談所があって、その数字が20%以上であれば、優秀な結婚相談所であると考えてよいと思います。

まとめ

どのような計算方法を用いているとしても、成婚率の高さを公表している結婚相談所では、成婚のために出来る限りのサポートをしている自信があるところと考えられます。

絶対的な基準が存在していない成婚率の計算方法ですので、それだけを持ってその結婚相談所の良し悪しを判断する事は出来ませんが、それでも一つの指針とはなり得ると思います。

結婚相談所を選ぶ際には、提示された数字だけを鵜呑みにする事なく、総合的に自分に合っている結婚相談所かどうかを判断して、入会を決めるようにして下さい。


関連記事

  1. 中高年やシニアの方の利用方法

  2. 40代の方が成婚する為の基礎知識

  3. 結婚相談所の選び方や加盟している連盟について

  4. 入会や登録する際の必要書類

  5. 結婚相談所の費用は?料金の相場はこのくらい

  6. メリットとデメリット

PAGE TOP