女性が結婚相手の条件として重視するのは


結婚したいと思う男性にとって、女性が結婚相手にどのような条件を求めているのかは知っておきたいところです。
恋愛相手に求める条件と結婚相手に求める条件は違うようです。
女性が重視する結婚相手の条件とはどのようなものか考えてみましょう。

重要条件その1 『年収』

年収が500万円~600万円以上の男性を希望している女性はとても多いようです。
日本の男性の平均年収は400万円台なので、平均以上の年収を求めている女性が多いと言う事です。
しかしそれは初めに示している条件であり、実際にはどうしてもそれ以上の年収でなければ結婚しないと思っている女性は少ないようです。
たとえ年収が400万円台であっても、結婚に至っている男性は沢山います。

ただ注意が必要なのは年収300万円台以下の男性になります。
年収が300万円台以下の男性は結婚相談所に登録したとしても、プロフィールでその年収を見た時点でお見合いの対象から除かれてしまうことがほとんどのようです。
婚活サービスを利用して結婚したいと思う男性は、ある一定以上の収入が必要と言う事でしょう。

重要条件その2 『価値観』

結論から言うと、ケチな男性は女性からの人気はありません。
一生生活を共にするわけですから、お金にかかわらず価値観が同じまたは似ていると言う事はとても大切な条件です。
その中でお金に対しての価値観が一番わかりやすく、ケチな人と思われるとなかなか結婚に至りません。
もちろん無駄遣いばかりする男性はもっと困りますが、必要な時に出費を渋るような男性は嫌がられるのです。
デートにおいて毎回割り勘であったり、サービス券や割引券を多用するような男性はケチだと思われてしまうかもしれません。
女性の方も気を付けなくてはいけないところはあります。
デート代は男性が払うのが当たり前と言うような態度ではいけないでしょう。
時には自分が払ったり、相手の給料日前などは割り勘にしましょうと言い出すなど、相手を思いやった行動をすることが大切です。

重要条件その3 『親との同居』

結婚後、夫の両親との同居はしたくないと考える女性は多いようです。
一昔前までは、結婚したら夫の家に入ると言うような風習は普通のことだった時代もありましたが、今はそうではありません。
別居していたとしても何かと嫁姑問題は起こるものですから、まして同居などあり得ないと考える女性がほとんどです。
なんらかの理由でどうしても同居しなくてはいけないとしても、少なくとも結婚して数年間は夫婦だけで暮らしたいと考えています。
そして同居になる時には、玄関やキッチンは別の完全二世帯住宅を望むことでしょう。



関連記事


ランキング