結婚相談所を選ぶ時にチェックする項目









結婚相談所を選ぶ時にチェックする項目

結婚相談所は慎重に選ぶ必要があります。
登録している期間が長ければ何十万円ものお金を支払うことになりますし、何より生涯の伴侶を探す場所なのですから、安易に決めるわけにはいきません。
では、どのような項目をチェックして探せばよいのでしょうか。
ここではチェックすべき費用や制度などについてご説明します。

①年間総費用の比較

入会金や月会費などの費用を比べる事も大切ですが、結果的にいくら支払う事になるのかと言った比較も必要です。
結婚相談所には1年間程度利用を続ける方が多いので、こちらでは大手結婚相談所の1年間の総費用を比べてみます。

相談所によって数万円の開きはありますが、概ね1年間で30万円程度の費用がかかるようです。

休止制度の有無

条件の合う方と出会い、交際がスタートできた場合に活動を休止できるシステムがある相談所とない相談所があります。
休止できないと、交際をして他の方を紹介してもらう必要のない期間にも料金がかかってしまうことになり、あせって結婚を決めてしまうなどといった事にもなりかねません。だらだらと交際を続ければよいと言う事はありませんが、ある程度相手を見極め相性を知るためにも落ち着いて交際をしたいものです。
また休止できるシステムがあってもその期間も料金が発生すると言う相談所もありますが、その場合500円~1,500円程度とそれ程高額なものではありません。

成婚料の有無

上記の1年間の支払総額に含まれていない費用として『成婚料』があります。
この成婚料が必要な相談所とそうでない相談所がありますので、登録の時に確認することが大切です。
この成婚料については、ある方がよいと言う考えとない方がよいと言う考え、両方があります。
成婚料があれば、それだけ結婚相談所のスタッフもより力を入れてお相手を探してくれそうではありますが、その反面もしかしたら少し条件が合わないような相手とも、強引にお見合いを組まれるなどと言う事がないとも言い切れません。
成婚料がなければもちろん経済的には助かりますし、この件については様々な局面から検討する必要がありそうです。

会員数の多さ

会員の数が多ければよい、とは一概には言えませんがそれでも沢山の会員がいれば、それだけ条件の合う人と出会うチャンスが多くなると言うのも事実です。

ここで注意しないといけないのは、各結婚相談所が公表している会員数には活動を休止している会員の数を含んでいるケースもあると言う事です。
休止制度がない結婚相談所の公表人数はそのまま活動人数ですが、休止制度のある結婚相談所の公表人数については1~2割程差し引いて考える必要があるかもしれません。
実際に活動している会員が少ないようでは意味がないからです。


関連記事

  1. 結婚相談所で素敵な出会いはあるのか?

  2. 結婚相談所を利用する前に知っておく事

  3. データマッチングサービスとは?

  4. 結婚相談所、そのメリットデメリット

  5. 結婚相談所を利用する上での注意点

  6. 安心できる結婚相談所

PAGE TOP