結婚できない理由


結婚したいと言う思いがあるのに、なかなか結婚できないと言う人は少なくありません。
そのような人が結婚できないのは何故でしょうか。
こちらでは結婚できない人の特徴を考えてみたいと思います。
もしご自分で心当たりがあるのであれば、改めるようにした方が良いかもしれません。

見た目重視

「かっこいい男性でないとイヤ」だとか「美人としか結婚したくない」などと言う人がいます。
若いころの恋愛対象ならともかく、結婚相手の条件の第一に見た目を持ってきているような人はなかなか結婚できないと言って良いでしょう。
ルックスの良い人はどうしても人気がありますから、まず競争率も高いという事が挙げられます。
さらに、もしルックスが良いにも関わらず、結婚していない人がいたとしたら、それはそれで性格やその他の条件に問題があり結婚に向いていない人だと言う可能性もあります。
そもそも当たり前の事ですが人間は顔ではありません。
これからの長い人生、毎日相手の顔の良さだけを頼りに生きていけるでしょうか。
もちろん生理的に合わない容姿というものもあるかもしれませんが、そうでない場合には見た目ばかりに重視しない方が結婚へは近道となるでしょう。

プライドが高い

『プライド』は人として大切なものではありますが、あまりにプライドが高すぎると時としてわがままな人だと言う印象を相手に与えてしまいます。
自分の意見だけ通そうとしたり、自分に誤りがあっても決して謝らないような態度は嫌われてしまう可能性が高くなります。
相手の意見に耳を傾けるような姿勢を見せると印象も変わって来るでしょう。

また、自慢話ばかりをする人も好ましく思われません。
これは異性に限らず同性相手でも同じですが、会話のはしはしに自慢話が挿入されていたりすると、聞かされている方としてはうんざりするものです。
特に男性は自分の功績を得意げに話す傾向にありますが、たいていの女性はその時は相槌を打っているかもしれませんが、基本的に嫌気がさしている人が多いようです。
結婚後も自慢話を聞かされるのかと思うといやになり、結婚の相手の対象からは外されてしまうかもしれませんので気を付けましょう。

ケチな人

特にケチな男性は女性に嫌われます。
金遣いが荒い男性ももちろんダメですが、使うべき時に使わない男性は女性からは見放されます。
もちろん毎回ごちそうしなければいけないと言う訳ではありませんが、必要な出費は出し惜しみしないようにしましょう。
逆に女性の場合、どちらかと言えば使いすぎる人は男性にとっては敬遠しがちです。
家庭を持った時に、稼いだお金をどんどん使われてしまうのではと不安になるのです。
男性でも女性でも、適度な金銭感覚を持っていることが大切ですので一度顧みてみましょう。



関連記事


ランキング