結婚相談所で上手に断る方法


結婚相談所に入会すると異性の方を紹介され、実際にお見合いと言う形でお会いする事になります。
そのお見合いでお相手を気に入って交際に発展すればそれが一番良いわけですが、人と人の相性の問題もありますからそううまく行かない事もあるでしょう。
その時に気を付けなくてはいけないのは、お断りの仕方です。
いくら気に入らなかったからと言って、その後音信不通と言うのはよくありません。
こちらでは正しいお断りの方法についてご説明いたします。

結婚相談所のスタッフに依頼する

プロフィールを見た限りでは良いと思ったけれど、実際会って見たらフィーリングが合わなかったと言う事はよくある事です。
そのような場合に直接自分で断りの連絡をしてしまうと、相手のプライドを傷つけてしまう事にもなりかねません。
特に相手側は気に入ってくれていたケースでは、細かく理由を聞かれたり話がこじれてしまったりする事もあります。
ですから結婚相談所のお見合いで会った相手にお断りをする場合には、基本的に結婚相談所のスタッフにその旨を伝え、お断りを入れてもらいましょう。
結婚相談所のスタッフはプロですから、相手を傷つけないように上手に伝えてくれます。
相手も断られる事自体はショックかもしれませんが、その傷を最小限にとどめる術を知ってるのです。

自分で断るケース

では自分で断りを入れなければいけないのはどのようなケースなのでしょうか。
それはお見合いを経て、その後2人だけで何度かデートを重ねているケースです。
何度か会ってみて、やっぱりこの人ではないと思ってしまったような場合には、お互い連絡先も交換していますし、基本的に自分でお断りするのが筋と言う事になります。
中には面倒だからこのまま音信不通にしてフェイドアウトしようとする人もいますが、そうすると相手も心配しますし、結婚相談所の方に連絡し更に話がこじれてしまう事にもなります。

お断りの方法については、自分に非があってお断りすると言うスタンスにすることがベターです。
ただし、どのような断り方でもお相手は少なからず傷つくことになりますから、慎重に行うようにしましょう。
実際に会ってお断りをした方が誠意ある対応であると考えるかもしれませんが、不要なトラブルを避けるためにもメールや電話を利用する事も方法の一つです。
それは相手の性格にもよるところとなりますから、その方法については結婚相談所のスタッフに相談してみるのも良いかもしれません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング