結婚相手として見てもらうためには


結婚相談所は成婚率が高いと言われていますが、だからと言って全員が結婚できるわけではありません。
異性に、この人は結婚相手として望ましいと思ってもらわなければ結婚までには至らないのです。
こちらでは、どうしたら異性に結婚相手として選んでもらえるかを考えてみたいと思います。

誠実さ

結婚相手としてだけでなく人としても大切なことですが、約束を守らないような人は選ばれません。
誠実さと言うのは、取り繕って出来るものではありません。
常に他人との約束はしっかり守るような人が結婚の相手としては望ましいのです。
口約束だけして、それをいつまでも実行しないと言うようなことはないでしょうか。
1度や2度ならまだしも、それが何度もあるようではこの人は口だけの人で信用できないと思われてしまっても仕方ありません。

異性関係

婚活をしているような年齢の方は十分に大人ですから過去に色々なことがあったとしても、それは仕方ありませんし今更どうする事もできません。
しかし、それを現在の相手に伝えるのは絶対に避けるべきです。
自分はモテていた、と言う自慢のような軽い気持ちで過去の恋愛について語っても、いい印象を受ける異性はいないと言ってよいでしょう。
むしろこの人は結婚しても他の異性となんらかの関係を持つのではないかと勘繰られて、避けられてしまうだけです。

また婚活最中の異性関係にも注意が必要です。
婚活をしながら、他の異性と遊ぶなどの行動は厳に慎むべきです。
本気で結婚をしたいと考えるのであれば、その他の異性関係はきっぱり断り誠実に対応しなければいけません。

清潔感

女性には少ないですが、特に男性の中には清潔感が乏しい方が少なからずいます。
清潔感のない男性と一緒にいたいなどと思う女性はほとんどいないと言っていいと思います。
髭の処理や、髪の毛のセットなどにも気を遣ってください。
服装についてももちろんです。一緒に歩いて恥ずかしいような恰好の男性は選ばれません。
そして特に注意していただきたいのが、においについてです。
汗の臭いももちろんですが、特に一人暮らしの男性などでは洗濯物が乾ききらなかったような臭いがしたら、まず嫌われると言っていいでしょう。
制汗剤などを使用するのもお勧めですが、ここで気を付けなくてはいけないのがにおいのあるタイプの制汗剤や香水などです。
臭いものに他のにおいが合わさると、更に逆効果になることもあります。
特に香水は女性の間でも賛否両論ですので、安易に使用するのはお勧めできません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング