婚活中にやってはいけないこと


婚活している中で、やってはいけない行動があります。
でも何気なくその事をあなたもしてしまっている可能性もあるかもしれません。
こちらでは、婚活中に気を付けなくてはいけないNGな行動について考えてみたいと思います。

過去の恋愛話をする

過去の恋愛の話は男女ともに厳禁です。
恋愛まで至っていなかったとしても、片思いの相手の話などももちろんNGです。
パーティーなど特にお酒が入るような席では、つい軽い気持ちで過去の恋愛や好きだった人の話などを話題にしてしまったりする事があるかもしれませんが、聞いている異性としてはあまり好ましい印象は持たないでしょう。むしろ聞きたくないと思うかもしれません。
もしかしたら、まだその人に未練があるのかと思われたり、その人と比べられているように感じてられてしまう事だってあり得ます。
自分がモテていたと言う自慢のような気持ちで語るのかもしれませんが、そんなにモテたならなんでここにいるんだ、と思われてしまうのが落ちです。
良い事は全くありませんのでやめておきましょう。

自分が興味のある話を続ける

時々自分が知っているマニアックな話題について、とうとうと語り続けるような人がいますが、たいてい相手からは引かれてしまう原因になります。
運よくその話題が相手の興味をひくようなものであればうまく行くこともあるかもしれませんが、それは相手の反応を見ればわかることです。
相手かまわず自分の知識をひけらかすような行動は、面倒くさい人だと思われるだけです。

愚痴や不平不満ばかり話す

愚痴と言うとどちらかと言うと女性が言うようなイメージがあるかもしれませんが、男性も案外愚痴や不満をもらしています。
どちらにしても愚痴や不平不満は聞いていて気分の良いものではありません。
基本的にそれらは誰かの悪口だったり、否定的な発言に終始するからです。
恋愛関係まで進み時間が経っているカップルであれば、それらも甘えの一つとして受け止めてもらえるかもしれませんが、婚活の際の会話としてはふさわしくないものと言っていいでしょう。

相手の話を最後まで聞かない

これは婚活中に限ったことではありませんが、相手の話を最後まで聞かずに遮るのは相手に嫌な思いをさせてしまうことになります。
最後までしっかり聞いてから自分の意見なり話なりを進めるようにしましょう。
また、最後まで聞いたとしても相手が好意的に話している対象を、自分が否定的に話すのは感じ悪い人だと思われてしまいますのでやめた方がよいでしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング