現代の結婚事情


昨今の若者の晩婚化が深刻化を増しています。
婚姻率も年々減少の一途で日本の将来的な人口減が様々な悪影響を及ぼす危惧をもたれています。特に20~30代の男性が異性との交際経験がない率がなんと30パーセントにも成っているそうです。

女性はそれよりやや低い程度ですから当然の如く婚姻率も低くなります。巷では盛んに合コンが開催されているというのに何故若者たちは結婚という人生の転換を拒否するのでしょう。

結婚を願望しないのか諦めているのかどうかだが男女によって考えが違うようです。結婚しない理由を男女別に聞いてみると女性は結婚する事によって生活の基盤を得られますが、その代わり自由を奪われると感じているのに対して男性は家庭を維持するだけの余裕がないというのがそれぞれ半数を占めているそうです。

昔女性の結婚相手に求めていたのは三高と言われる高学歴、高収入、高身長でしたがそれがバブルの崩壊と共に現実化に目覚めてきたのでしょうか安穏平均的な暮らしに憧れる様になっています。
容姿も高望みせずそこそこでどちらかと言うと容姿より性格重視の三平にシフトしています。結婚相談所もそれら傾向を踏襲した相手選びに特化し始めています。

例え結婚しても離婚率も年々増加傾向にある為再婚者を重視した婚活パーティーも盛んに開かれています。それらと共に高齢者の伴侶選びも活発化していますのでそれら得意分野を売りにする結婚相談所主催の婚活パーティーも盛んなようです。



関連記事


ランキング