結婚相談所の存在意義

結婚とは何なのでしょう。
遥か昔の結婚観は子孫を残す為の手段の一つで人生において最も大事な事業の一つといっても過言ではありません。生き物は生まれての意義は子孫を残すことです。
鮭は川で産まれてから海に下り固体によって期間は違いますが、成長して産まれ故郷を目指して遡上しメスは卵を産みオスは卵に精子をふりかけると一生を終えます。

そのように生物は子孫を残すことが使命なのです。人間はその為に集団をつくりお互いを外敵から守る行動をとり始め集団の核となったのが家族です。家族の始まりが結婚なのです。

結婚の意義は時代と共に地域に拠って様々な変遷を経ています。結婚は集団の結びつきを強固に保つ手段でした。戦前は兵力の維持の為{産めよ増やせよ}を一丸となって突き進み結婚しないものは非国民扱いされたものです。
戦後にアメリカによって民主主義が導入され結婚にはそれまでとは違った意義を見出すようになりました。それは民主主義の根幹である個人は皆平等で全てが自由であるとされています。

結婚も自由なのです。それだけに結婚相手を見つけるには誰の制約も受けず誰の保護もありません。自由に恋愛し自由に結婚が出来ます。そこで以前よりあった結婚の手助けをする仲人制度が事業化されたのが結婚相談所です。結婚相談所は結婚相手を見つける事が出来ない男女の出会いをお膳立てしています。結婚は家族を作る最初のステップです。その機会に恵まれない男女に出会いの場を提供することが結婚相談所の存在意義です。


関連記事

  1. 現代の結婚事情

  2. 結婚相談所を利用する男女の違い

  3. 結婚について

  4. 結婚相手紹介業の種類

  5. 女性の結婚と結婚相談所

  6. インターネット型の結婚相談所


新着記事

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP