結婚の形態

昔と今では違う結婚の形態

結婚相談所に通って生涯を共にするパートナーを探している人は婚姻届を提出して結婚という形式を取りたいという人がほとんどだと思いますが、最近は仕事の兼ね合いなどもあって婚姻届を提出しない男女が増えていると言われています。

事実婚とも呼ばれていますが、内縁関係という表現とは違って、結婚できる環境下にありながら婚姻届を提出しないのが事実婚と言われています。

結婚相談所を利用して婚活をしている人の中にも結婚という形式に捉われないで自由な婚姻の形を取りたいと思っている人もいるかもしれませんが、離婚率が非常に高いと言われている昨今の日本において、事実婚をして関係を深めてから婚姻届を提出するというのも方法の一つなのかもしれません。

事実婚をすることのメリットとしては名字を変更しないで良いというメリットや戸籍に離婚歴が残らないなどのメリットがありますが、一方で法的に認められている夫婦ではないため、税金の面でいうと配偶者控除を受けることができないというデメリットや相続権が無いなどのデメリットもあります。

結婚相談所を利用する場合に結婚相談所で出会う人というのは結婚を意識している人がほとんどなので、交流が始まってから結婚まではスムーズに話しが進むことも多いのですが、相手のことを十分に知らないまま結婚という形になることも少なくないため、離婚率が高くなっていることから意外と事実婚をするメリットは高いのかもしれません。


関連記事

  1. 結婚相談所が利用される理由

  2. 結婚相談所婚活で嫌われる女性

  3. インターネット型の結婚相談所

  4. 結婚をすることのデメリット

  5. 結婚相談所婚活で嫌われる男性

  6. 結婚相談所の現状


新着記事

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP