結婚について


結婚とは

日本は結婚に対して寛容的な国ですが、どちらかというと少子高齢化が進んでいることもあってどんどん結婚して子供を作ってくれることを望んでいるくらいで、深刻化する少子高齢化対策の一環として国を挙げて婚活事業などを行っていますが、結婚相談所も結婚ができない人が集まり婚活する場としての役割は大きくなっています。

結婚相談所に通って婚活している人の多くは少子高齢化対策など国のためを思って婚活をしている人はほとんどいないと思いますが、やはり人生を一緒に歩んでくれる心強いパートナーが欲しいという目的や子供が欲しいという目的で婚活している人が多くいます。

外国では一夫多妻制を取っている国もありますが、日本では結婚するにあたって一対一が原則となっており、他の人と結婚がしたいのであれば離婚という手続きを行ってから再婚するというのがルールになっていますが、結婚を国に認めてもらうためには婚姻届に必要なことを書いて役所に提出をして受理される必要があります。

未婚の男女であれば、特に結婚に対しての制限はありませんが、婚姻届を提出するとそこからは夫婦という形になるため、戸籍などが変わることになります。

遡れば婚姻届を提出するために結婚相談所に通ってパートナーを見つけているということになりますが、気に入った人がいたからと言ってすぐに結婚することは難しく、相手との信頼関係を築いて、そこで両者が結婚したいという意志が芽生えた時に結婚の流れになります。



関連記事


ランキング