スピード婚をするときに事前に注意しておきたい事とは?









最近は芸能界でも交際0日婚など、スピード婚が何かと騒がれていますが一般の人にもスピード婚は多いようです。たとえばお見合い結婚した人の多くは交際2ヶ月や半年で結婚したと言う人も多く見られます。
ではもしスピード婚をすることになったとき、前もって注意しておきたいことは何でしょうか。

相手をしっかり見極めよう

スピード婚の怖いところは第一印象やイメージだけで相手の人となりを決めつけたり、自分の人生観や価値観を押し付けてしまったりすることです。異性も1人の人間ですから考え方も価値観も違います。

ですから相手を知るために注意したいことは2人で行ったお店で異性が店員に対して取った態度は横柄ではないか、家庭環境はどうか、家族を大切にするのは良いが極度のマザコンではないか、料理や家事など家のことをする人か、赤ちゃんや動物に関心がないかどうかチェックしましょう。

お店の店員に横柄な態度を取る人は誰に対しても自分が一番えらいと言う態度を取りがちです。そうすると相手のことを考えずに物事を決めたり、自分ひとりで勝手な行動をすることになります。

また両親が不仲の家庭環境で育った、兄弟仲が悪かったなどという場合も注意したいところです。マザコンである場合、あなたが作った料理にけちをつけたり、母親と比べて嫌な気持ちになることがあります。家のことを一切しないのが嫌いだからしない、また子供が嫌いというのであれば、結婚後子供ができても家事も育児もすべての負担があなたにのしかかってくることになります。

本当に結婚したい人を選ぼう

スピード婚が悪いと言うことではありませんが、やはり相手の意志も大切です。相手に結婚の意志がないのにずるずると交際を続けても意味はありません。そのまま子供ができたから結婚するとなれば問題が起こりやすくなりますし、相手のことを良く知ることは大切なことです。

スピード婚であっても結婚に対して相手に求めたいことがあるなら、やはり答えを出してから決めるようにしたいものです。


関連記事

  1. 学歴が高い方が有利ですか?

  2. 結婚相談所の費用はどのくらい?

  3. 結婚相談所を利用するメリットまとめ

  4. 結婚相談所にはクーリングオフの制度はあるのでしょうか?

  5. 結婚相談でいう「成婚」とは、どのような段階を意味しているのでしょうか?…

  6. 結婚における良縁について知っておきたい事

PAGE TOP