まだ真剣に結婚を意識してないのですが、それでも入会は可能ですか?









まだ結婚願望がそれほどないけれど、念のために結婚相談所に入会しておきたい・・・そんなことは可能なのでしょうか?
相手に対してそれは失礼なことになるのでしょうか?

とりあえず登録して出会ってみる

あなたがまだ結婚をそれほど意識していないのは、周囲に魅力的な男性がいないからではないでしょうか?
そうであるのなら、結婚相談所に入会してみるのも1つの手段です。

  • 結婚相談所には色々なタイプの男性がいますから、仲介型の結婚相談所であれば、月に数件男性のプロフィールが送られてきますから、なんとなく会ってみよう、というだけでもよいので、お見合いをしてみると良いでしょう。

  • すると自分の中にも結婚願望が実は隠れていた、ということもあるのです。
    実際結婚願望がそれほど強くない人でも、入会している人はいます。

    しかしそれは僅かで、殆どの方は結婚を本気で考えて入会しているので、若干その人達を相手にするのは失礼に値しますね。
    しかし入会を断られることはありませんから、一度検討してみるのも良いでしょう。

    パンフレットは一括請求で

    結婚願望がそこまでないという理由の1つに、以前大手の結婚相談所を使って、結局結婚にいたらなかった、ということがある場合があります。
    その記憶がありますので、結婚相談所でも相談するだけで結婚できないのでは、と感じている女性も多いようです。

    • しかし入会しなければ出会いはありませんし、同僚や上司、友人などの紹介などがあっても、この人、とピンとこなければ結婚まで意識しません。

    • ですから結婚相談所で真剣に出会い、結婚までたどり着きたいと思っている男性に出会うことは結婚への近道だということです。
      資料はインターネットから一括で請求できますから、1社1社問い合わせる必要はありません。
      一括で取り寄せた資料を見て、実際気になるところがあれば、無料カウンセリングに出向いたらよいでしょうし、やはり興味がない、というのであればパンフレットは必要ないでしょう。

      出会いが欲しいというのであれば、やはりその場が必要ですので、結婚相談所を利用するのが最も理想的です。
      一括で資料を請求するのは比較しやすくするためです。
      色々な結婚相談所があり、特色もそれぞれ違います。
      ですから特徴を比べてみて、自分と相性が合いそうな結婚相談所を数件選んでみましょう。
      2、3社程度がベストです。
      それらに実際足を運んでみて、カウンセリングを受けて、感触があるのであれば、入会しても損はしません。


関連記事

  1. 会員登録で嘘をつくのはNGな点、気になる登録内容は?

  2. インターネット結婚相談所を利用する人が増えている理由

  3. 結婚相談所の入会する時に住民票は必要?書類に関する注意点について

  4. 結婚における良縁について知っておきたい事

  5. 知っておきたい結婚相談所の基本的なシステムについて

  6. 結婚情報サービスを利用して婚活する活用法

PAGE TOP