自分の顔写真を掲載することに抵抗があるので、掲載しない状態でも活動できますか?









婚活を本気でするのであれば、顔写真は掲載するにこしたことはありません。
顔写真の交換というクッションがあり、進展し、やる気も出てくるのです。
しかし自分の顔写真を掲載したくない、それでも活動をしたいという女性は案外多いものです。
それではどうやって顔写真を載せずに婚活すれば良いのでしょうか。

写真写りによって健康そうか優しそうかが分かる

容姿の確認として写真をプロフィールに添付してあれば、社交性がありそうかどうか、身だしなみはどうか、優しそうか、など色々な面が見えてくるはずです。
しかし写真交換に対する考え方も色々あるようです。
長くお付き合いするのであれば、性格や価値観が一緒でなければ難しい、もともとそのような価値観の合った人と連絡先は交換したいので、写真をわざわざ載せたくない、という人や、基本的にネットに写真を載せるのがいやだという女性もいます。

しかし写真を掲載するほうが、確実に男性をゲットできるチャンスが増えるはずですから、ネットに写真を載せるのがいや、という女性も、本気で婚活したければ、写真を載せたほうがたくさんの男性と会うことができます。

笑顔の落とし穴

写真は笑顔で撮るものが一番だと言われていますが、人によっては大きく口を開くと歯茎が出たり、歯並びの悪さが目立ちますから、マイナスイメージをもたれることもあります。

そんなことを考え、上の歯が見えるレベルの微笑みで写真を撮るのが良いでしょう。
笑顔は口角が少し上がる程度の微笑みでよく、視線は真っ直ぐではないほうが良いと言われています。
まっすぐ見つめすぎると威圧感が出てしまいますので、カメラの上のあたりをぼんやりと見るようにしたほうが印象良く映るでしょう。
口角の上げ方は人によって異なりますから、家族や友人にチェックしてもらったほうが賢明です。
さらにメイクも必要ですが、あまりに手を抜いたメイク、手の込んだメイクはやめておきましょう。
ケバ過ぎると返って引かれますし、手を抜きすぎるとあまりキレイな女性に写りません。
メイクは写真栄えするようなメイクで、リップラインは少し幅広く取るようにします。

いつものナチュラルメイクでは写真栄えしませんし、ケバ過ぎても引かれますから、若干華やいだ感じの、可愛げのあるメイクを志しましょう。
プロフィールの写真交換は第一印象を決める大切なものですから、プロのカメラマンに撮ってもらうことが最善です。
色々と工夫して撮った写真を見て、応募が飛躍的に伸びた、という女性も多いようです。

  • それほどまでに写真は大切なものですから、写真を載せないという手段はあまりに出会いを少なくしてしまいます。
    ここは勇気を持って写真をプロフィールに載せてみましょう。


関連記事

  1. お見合いのお返事は、直接相手に連絡をして伝えるのでしょうか?

  2. 堅苦しいお見合いは嫌なのですが、大丈夫でしょうか?

  3. 初めての婚活には結婚相談所がお勧め?

  4. 結婚相談所におけるセールスの内容と注意点について

  5. 結婚相談所に行く前にチェックするポイントはありますか?

  6. 結婚相談所の様々なサービス内容について

PAGE TOP