入会から結婚までの期間は、おおよそどのくらいかかりますか?









入会してから結婚まで、どのくらいの時間がかかるのか、かなり気になるところではあります。
しかしながら、こればかりは本人同士の意思というものがありますから、どれくらいと図ることはできません。
結婚相談所のサービスや活動の頻度、イベント開催やパーティ主催などが頻繁に行われている大手の結婚相談所なら、1年以内に結婚しているというカップルが大半を占めているようです。
しかしその他の結婚相談所では1年から2年と誤差もあるようです。
どういった点に気をつけて交際をスタートし、結婚まで持ち込めば良いのでしょうか。

まずはカウンセラーを頼りにすること

まず、カウンセラーを全面にサポートしてくれるようお願いしてみましょう。
少しでもいい相手とめぐり合えるように頻繁にお見合い回数を増やしてもらうという方法があります。

入会してから結婚まで急いでいる場合は特に相手の性格や趣味などをしっかり聞いておくことも重要です。

カウンセラーやアドバイザーは相手のこともよく知っていますから、嘘偽りを教えることはありません。
カウンセラーやアドバイザーをしっかり使って、月額費用は払っているのですから、多くの相手を紹介してもらい、その中から比較検討すると良いでしょう。

交際期間は3ヶ月?

多くの結婚相談所では交際機関を3ヶ月と決めているところが多く、交際方法、交際のペースは個人個人で決めることが多いです。
3ヶ月は短くないか?と感じる人もいるでしょう。そんなに早く決められるものなのだろうか?とも思うでしょう。

しかし恋愛結婚の場合と異なり、結婚相談所での出会いは結婚を目的に交際することになりますから、交際期間が短くても的確に相手にアプローチすることが可能となっています。
恋愛結婚に時間がかかるのは、相手の情報を最初はそれほど握っておらず、さらに温度差もあるでしょう。
恋愛をイコール結婚と考えていないカップルもいます。

しかし結婚相談所に登録している会員は全て結婚を目的としていますから、交際期間が3ヶ月でも充分相手の事を知ることができ、さらに不透明な部分が明らかになり、共通の目的がずれていませんから一緒になることが簡単なのです。

つまり、条件を満たしており、結婚願望を持っている人同士が互いの詳細情報を知ることによって結婚するか否かということを3ヶ月で判断することができる、というのが結婚相談所の強みでもあります。

不必要にダラダラ交際を続けるよりも、短期間でサッと決めてしまったほうがお互いのためということでもあります。
だらだらした交際は理想の相手とめぐり合うチャンスを無駄にしてしまっているようなものですから、結婚を決断できるチャンスを幾度も与えてあげる必要があるのです。
そのような役割を持っているのが結婚相談所というところなのです。


関連記事

  1. 恋愛に臆病になる恋愛引きこもりから脱却するには?

  2. 結婚相談所の卒業証明書は必要?偽造したらどうなる?

  3. 年上婚の良い点・注意する点

  4. 婚活パーティーと結婚相談所の違いは何ですか?

  5. 結婚相談所で印象の良いプロフィールや写真について

  6. 結婚相談所でよくある口コミにはどんな内容がある?

PAGE TOP