ジューン・ブライドは本当に幸せになれる?









よくジューン・ブライドは幸せになれると言いますが、本当にジューン・ブライドは幸せになれるのでしょうか。またなぜジューン・ブライドは幸せになれるという話があるのでしょうか。

ジューン・ブライドはなぜ幸せになれるのか

ジューン・ブライドが幸せになれるというのは諸説あるのですが、その一つがヨーロッパの歴史にあります。ヨーロッパでは農作業で忙しくなる3月から5月まで結婚が禁止されていました。6月に解禁されることによって開放感から盛大に結婚式を挙げるカップルが多く、さらに家族や親戚、友達からも祝福されたため、こんなにも多くの祝福を受けたカップルは幸せになれるだろうと言うことです。

もう一つは6月の英語であるJUNEがJUNOという女神からきていることに由来します。JUNは結婚、女性の守り神で女性からの信仰が厚い神様です。ですから6月に結婚することはJUNOからの祝福と守護を受けることができるということで6月に結婚すると幸せになることができると言うのです。

日本のジューン・ブライドは別の意味がある

しかし近代的に見れば農作業もコンバインなどを使えば昔よりも早く終わりますし、いつ結婚してもまったく問題ありません。日本の場合6月はちょうど梅雨の季節ですから、雨の降る確率の高い日にわざわざ結婚式を上げたくないというカップルも多いでしょう。しかしそれは結婚式場などは儲けになりませんから、ジューン・ブライドの話を持ち出し、6月に挙式を揚げるカップルを増やそうと全国宴会支配人会という団体がJUNO説を持ち出し、日本にもジューン・ブライドが広まったと言われています。

フランスには雨の日の結婚式は幸になれる、という日本の6月にぴったりのことわざがあります。というのも雨が降るということは新郎新婦の一生分の涙を神様が変わりに流してくれるということを意味するからです。結婚式当日の結局、ジューン・ブライドが幸せになれるかどうかはカップル次第と言うことになりますが、昔からの言い伝えであればやはり信じたいと言う方も多いのではないでしょうか。


関連記事

  1. 僕は派遣社員ですが、入会できますか?

  2. 平均的な交際期間はどのくらい?

  3. 結婚相談所の主なサポート内容について

  4. 費用についてはどうなっていますか?

  5. 結婚相談所でどのような内容のコンサルティングをしてくれる?

  6. 結婚相談所での迷惑行為には何がある?

PAGE TOP