本交際と仮交際の違いは?

結婚相談所での交際には「仮交際」と「本交際」の2種類があります。
こちらでは結婚相談所での交際について、詳しく解説したいと思います。

結婚相談所での仮交際と本交際の意味

「仮交際」「本交際」という言葉は、一般の方には馴染みのないものだと思います。
通常の男女の出会いでは使う言葉ではありません。
結婚相談所では、交際にはこの2種類があり、それぞれ全く違う意味があるのです。


仮交際とは

仮交際期間というのは、お見合いをして少しでも相手をいいなと思えれば、お付き合いする事ができる期間のことを言います。
お見合いをした後、お相手をどう思ったか担当のアドバイザーに報告します。
そしてお互いが好印象を持ったのであれば仮交際がスタートすることになるのです。
この期間は3か月以内というのが一般的です。
この仮交際期間中は、その人以外のお相手とお見合いする事や、複数の人と仮交際をする事が可能です。
いわばお試し期間とでもいうイメージです。
この期間は相手をよく知るための期間として設けられています。
お互いがそういう状態ですから、決して二股という事ではないのです。


本交際とは

仮交際期間を経て、お互いこの人と真剣に結婚を見据えたお付き合いをしたいと思った場合には、本交際へと進む事になります。
本交際期間中に、この相手と本当に結婚したいのか、また生涯を共に歩める相手なのかを見極めるか考える事になります。
本交際の期間に入ったら、もちろんもう他のお相手と会う事はできません。
またプロフィールの公開もされなくなります。
もし他の会員と連絡を取り合っていることなどが結婚相談所に知られれば、ペナルティーを科せられることもあります。
本交際の期間も、基本的に3か月以内と期限を設けている結婚相談所がほとんどです。
短いと感じる方もいるかもしれませんが、成婚が目的である結婚相談所において、ダラダラと交際していても時間の浪費となると考え、あえて設けられている期限です。

本交際で大切なことは

本交際中に考えること、または見極めることがあります。

  1. 心を開ける相手か
  2. 相手を受け入れて生涯を共にするイメージが持てるか
  3. 相手の状況が変わっても側にいられるか

これまで別々の環境で過ごしてきた男女が、共に生活することになるのが結婚です。
当然ながら意見の相違や、すれ違いが生じる事もあるでしょう。
そんな時に心を開いて本音を言える相手であるかどうか、ということが重要です。
また相手との相違も受け入れて、一緒に生活できるかどうかも自問してみましょう。
さらには、相手が突然失業する可能性や、病気になる可能性もあります。
万一そのようなことが起きた場合でも、相手を側で支えて生きて行けるか、相手の力になりたいと思えるかどうか、よく考えてみましょう。

本交際中のサポート

本交際期間中に結婚相談所で行うサポートは、結婚相談所のタイプによって異なってきます。
データマッチング型の結婚相談所では、質問や相談に乗ってくれるところもありますが、基本的には、主なサービスは情報提供です。

一方仲人型の結婚相談所では、手厚いサポートが期待できます。
お見合いの設定から、交際中の不安や悩みの相談・アドバイスまでどんなことでも親身になって対応してくれる事がほとんどです。

本交際の期間が終わったら

本交際の3カ月の期限が過ぎると、結婚相談所のアドバイザーから結婚の意思が固まったかどうか確認されます。
そこでお互いに結婚を望むのであれば、めでたく成婚となり結婚相談所を退会することになります。
しかし双方、もしくはどちらか一方が結婚を望まなければ、この本交際は終了となり、また新たにお相手を探しお見合いするところからの再スタートになります。
どうしても3か月で結婚を決めることができず、もう少し交際を続けたいという場合には、相談すれば認められるケースもあります。


関連記事

  1. 結婚相談所と結婚情報サービスってどう違うのでしょうか?

  2. 会員情報誌にはどんな内容が書かれている?見ておきたい箇所は?

  3. 定職についていないと結婚相談所の入会は難しい?

  4. いざデートとなった際には直接連絡を取り、待ち合わせをするのですか?

  5. 交際から結婚まで、大体どれくらいの期間がかかるのでしょうか?

  6. まだ間に合う?アラフォーの結婚相談所への登録


新着記事

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP